fcb.portal.reset.password

100 dies de Tata Martino a la banqueta del FC Barcelona

今週の土曜日、タタ・マルティノがFCバルセロナのベンチに到着してから 100 日目を迎える。カンプノウでのマルティノのキャリアを10の数字から見てみよう。

153 バルサの新監督が2013/14 年に公式初ゴールを決めるまでに必要とした秒数だ。アレクシスの作品であり、リーグ戦デビュー戦の前半2分から3分までの間に決まった。対戦相手はレバンテだった (7-0)。

1. バルサの監督として手にしているタイトル数。アトレティコ・デ・マドリードと対戦し、スペインスーパーカップを制覇した。最も、チームはリーグ戦、チャンピオンズリーグ共に首位だ。

0. 負け試合はゼロだ。これはバルサの新監督が最も胸を張れる数字だろう。現在まで公式戦17試合を行なっているが、その内訳は13勝4分けだ。

41. 17試合中バルサが決めた得点数。1試合平均  2,4 得点を決めている計算になる。

10. 今季、FC バルセロナが無失点に抑えている試合数。スーパー杯第二戦のアトレティコ・デ・マドリード、チャンピオンズリーグでのアヤックスとセルティック、リーグ戦のレバンテ、マラガ、ラヨ、アルメリア、オサスナ、セルタ、エスパニョール、これらの対戦相手はバルサのゴールを割ることができなかった。

21. タタ・マルティノが起用した選手数。全登録選手の中で、チャンスを得ていないのは、ピント、オイエル、クエンカと負傷しているアフェライのみだ。

17. ビクトル・バルデスが参戦した数。バルデスはタタ・マルティノがチームを率いてから、全試合でスタメン出場を果たしている唯一の選手だ。

1331. ジェラルド・ピケのプレー時間数。ピケは、フィールドプレーヤーの中で最もプレー時間の多い選手だ。今季17試合中15試合でスタメン出場している。

11. メッシ、ピケ、ペドロ、アレクシス、チャビ、ネイマールJr、セスク、アウベス、バルトラ、ブスケッツ、アドリアーノの11人がチーム内で今季、ゴールを決めている。

37. マルティノがバルサの監督になってから、行なった記者会見数だ。最初の記者会見は6月26日、正式発表が行われた日で、最後に行なわれたのは、金曜日、エスパニョールとの対戦後だった。リーグ戦で24回(監督は常に試合の前後にアテンドする), チャンピオンズリーグで6回、スペインスーパー杯で4回、アジアツアー及びガンペル戦の試合後に3回、行っている。リーグ戦で一度だけ、父やの逝去のために記者会見を欠席している。その際、9月20日は、第二監督のホルヘ・パウタッソが代わりに記者会見を行なった。

上に戻る