fcb.portal.reset.password

チャビィ・エルナンデス / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

チャビイ・エルナンデス  は、金曜日の記者会見で応対した。国王杯のクラシコについては、「この手の試合は読めない」とコメントし、「僕らは今、あらゆる大会で戦っていくのによいコンディションを保っているが、サッカーは何が起きるかわからない。それもレアルマドリードの前では尚更だ」と注意を促した。「大きな欠場を抱えているが、彼らはレアルマドリードだ。競合してくると思うし、そこに疑う余地はない。現況があるにしても、危険なライバルに違いはない」と明言した。

バルサの'6番'は、対戦は純粋にサッカー的なものであるべきだとし、「試合によっては、僕らは多くのボールポゼッションを手にしているが、それでもミスには気を付けなければならない。レアルマドリードは相手のミスを生かすのがうまいから」と話し、「試合の鍵?できる限り、多くのゴールをサンティアゴ・ベルナベウで決めて、ホームでとどめをさすこと」だとコメント。また、カシージャスと良好な関係を築いているチャビイは、記者会見場で、「彼の負傷を気の毒に思う。彼はチームの魂だ。彼の欠場はレアルマドリードとスペイン代表にとって、とても大きい」と話した。

最初はオサスナ

クラシコについても話したが、チャビイは、それでも現在はカンプノウで行われるオサスナ戦のことだけを考えているという。 「リーグでは勝ち続けていきたい。アノエタでは負けたが、日曜日にまた勝利のリズムを取り戻したい。メンディバルのオサスナは、いつも手こずらされている」と注意を促した。

マラガでの勝利を挙げた後、チームは非常に良い状態で試合に臨む。「ラ・ロサレダでは、一か八かという状況を超えなければんらなかった。僕らに唯一不足しているのは、試合にとどめをさすための、ゴールに向かった時の効率性だ。チームのレベルは高いと思うし、僕らはプレーすることを楽しんでいる」と説明した。

個人的にもチーム的にも良好

「僕らはいい状態にいる。僕らはロッカールームの中でも仲がいいし、それがピッチ上にも反映されている。勝つのに慣れると、負けた時は本当にいやな思いをするんだ」と話し、現在、非常に気持ちよくプレーできている理由を「いつも、ボールの手前に選手がいるのは、快感だよ」と説明した。また、契約更新に満足しており、「もっと、何年もずっとプレーし続けたい」ことも明かした。「体次第だね。プジョルはとても楽観的だね。月曜日にクラブがオファーしてくれたように、3年更新するのに、僕はとても満足しているよ。どこまで体がもつかはそのうちわかるだろう。今のところ、プレースタイルは僕にあっているよ」とコメントした。

バルデスへの敬意

最後にビクトル・バルデス について聞かれたチャビイは、「彼の決断に敬意を払うべきだ。彼は、ロッカー内でも常に正面から立ち向かっていくタイプで、僕らにとって、ピッチ内でもピッチ外でも手本となる人物なんだ」と説明し、「熟考した上の決断だし、ファンは彼の側についている。彼はバルサの歴史上、最高のGKなのだから」と付け加えた。

・チャビイの記者会見を言語でフォロー

上に戻る