fcb.portal.reset.password

チャビイ、プジョル、メッシの最初の選手登録カード

チャビイ・エルナンデス、カルラス・プジョル、レオ・メッシは、サッカー界において、FCバルセロナの世界遺産ともいえる。三人が身に着けたことのあるクラブカラーは、唯一、FCバルセロナのユニフォームだけだ。幼少カテゴリーからバルサカラーで育てられ、トップチームでも成功を収めている。三人は2004‐05年からトップチームで共にプレーしており、その契約は最低でも2016年まで延長されることになった。2016年はチャビイとプジョルの場合で、メッシに関しては2018年まで契約が延長された。

試合記録保持者

チャビイ・エルナンデスは、32歳であり、バルサ史上、公式試合を最も多くプレーしている選手である(652)。チームの頭脳であり、バルサのプレーを体現している省庁でもある。91年にアレビンカテゴリーに入団してから、あらゆるユースカテゴリーを経験し、98年の夏にトップチームでデビューを果たした。今季、1部で14シーズン目を迎える。リーグ戦で16試合、チャンピオンズリーグ6試合中5試合、国王杯1試合、スーパーカップの2試合に出場している。

覇気あるキャプテン

カルラス・プジョルは、34歳で 2004年からバルサの第一キャプテンをつとめている。チームの魂であり、そのスピリッツはチームの手本だ。95年にフベニルAカテゴリーから入団した。最初はサイドアタッカーだったが、その後、右サイドバックに転向し、右サイドバックとしてトップチームでもデビューを果たし、その語、この10年間の中で地上最高のセンターバックに選ばれるまでになった。バルサ史上、2番目に試合を多くプレーしている選手である (569)。負傷に苦しめられたが、にもかかわらず、バルサのディフェンスの要としてプレーし続けている。

最も偉大なプレーヤー

レオ・メッシは、たったの25歳にもかかわらず、比類なき唯一の偉大な選手である。 その若さにもかかわらず、サッカー史上、最も偉大な選手の一人と既に考えられている。天才であり、決定力があり、バルサの最高のクラックだ。既にバロンドールを3回、受賞しており、1月には世界初めて4回受賞する選手になる可能性を秘めている。ゴールデンブーツも2回、受賞している。 それ以外でも、クラブ史上、公式試合において最多得点王(287)であり、2012年を通して90ゴールをマークして世界記録をたっ制した。現在、16節で25ゴールをマークし、2000年にインファンティルカテゴリーにバルサに入団した時の数字を思い起こさせる勢いの数字を達成している。

 新契約によって、契約期間を終えるのは、チャビイとプジョルが2016年だが、チャビイは25年、プジョルは21年間、バルサに在籍することになる2018年に終了するメッシは、18年間いることになる。3人のバルサ人生がここにある。

上に戻る