fcb.portal.reset.password

 

チャビイ・エルナンデスが、15日間、負傷離脱する。今朝、行なわれた検査で 右足の二頭筋 を痛めていることがハックし、FCバルセロナのミッドフィルダーは、約2週間、離脱し、ヘタフェ戦、グラナダ戦は欠場する見込みとなった。もし、予定通りに完治すれば、20日のACミラン戦には間に合う予定だ。そのため、スペイン代表と共にドーハで行なう予定だったウルグアイ戦も出場しない

チャビイは、今季、33試合に出場しており、合計6ゴールをマークする活躍をしている。日曜日にメスタージャで行われた試合では、スタメン出場し、最後のロスタイムにティアゴが入り、そこで交代した。

チャビイと ソング 以外、バルサのトップチームからは14人の選手がそれぞれの代表の招集されている。

ソングもバルセロナに残留

カメルーン代表に招集されていたアレックス・ソングも、バルセロナに残った。クラブの担当医によれば、「左膝に違和感があるため、様子を見るためにカメルーン代表の遠征を見合わせた」と説明している。

ソングは、 ダラス・サラムでタンザニア代表との親善試合にカメルーン代表選手として出場する予定だった。


上に戻る