fcb.portal.reset.password

Xavi li va dedicar el gol al Miquel tocant-se el cap / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

チャビ・エルナンデス は、火曜日 パルケ・デ・ロスプランス にて、 ミケル と交わした約束を守った。ペナルティを決めて、試合を1-2にしたゴールを決めた後、チャビは頭に手を当てながら、コーナーに向かって走った。この時、チャビは、白血病と戦っている10歳の少年、ミケル を思い出していたのだった。その少年のストーリーを叱咤のは、ラジオ番組、 'El Món a Rac1(RAC1の世界)'を通してだった。

数週間前、世界対ガンデー の日に、 ジョルディ・バステ 記者がガンと戦っている子供達についてリポートを行なった。オスピタル・サン・ジョアン・デ・デウ、カサ・デ・ロス・チュキリスなどの病院施設から、毎日をガンと戦いながら過ごす子供達の様子を伝えた。ミケルはその中の一人だった。10歳のミケルは、3歳の時から、ガンと戦っていた。彼が夢見ていることの一つが、いつか、チャビと知り合うことだった。

チャビの訪問

そのミケルの話を知ったチャビは、ある日、誰にも言わずにその病院を訪れ、彼がサインしたユニフォームを持って、自らそれをプレゼントしに行った。その日、チャビは二つの約束を交わした。 一つは、もし、治療が終わって治ったら、トップチームの練習に連れていくということ、もう一つが もし、ミラン戦でゴールを決めたら、頭に手を触れながら、ゴールを彼に捧げるということだった。ミラン戦でチャビはゴールを決めなかったが、その約束を忘れることはなかった。火曜日にPSG戦で、チャビが二点目をマークした時、ミケルはチャビが約束を守ってくれたことを確認した。チャビは、頭に手を当てながら、ミケルにそのゴールを捧げたのだった。

ヨーロッパで150 試合目

チャビがゴールを決めた日は、 彼の欧州大会150試合目にあたっていた。  チャンピオンズリーグで 134試合 に出場し、 ラウルとライアン・ギグス の持つ記録まで、後、10試合と迫っている。残りの試合は、UEFA杯に出場した13試合と欧州スーパーカップ3試合だ。FCバルセロナのユニフォームを着て、最も数多くプレーしているこの選手の歴史が生み出したデータだ。

バルサの選手として最初のPK

欧州150試合目をチャビは、PKでゴールを決めて祝ったが、興味深いことに1998年にトップチームでデビューしてから、チャビはバルサのユニフォームを着てPKを蹴ったことは一度もなかった。 火曜日、 レオ・メッシがいなかったため、チャビはボールを手に取り、PKを蹴り、外すことはなかった。

上に戻る