fcb.portal.reset.password

Vilanova i Abidal aixequen la Lliga / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

バルサとバジャドリードの対戦中、ふり濡っていた雨は、試合が終了し、選手らが再び、ピッチの上にあがった時は、あがっていた。シーズンを通して、全員が多くのふりかかる困難を乗り越えて、ようやく、手に入れたタイトルを祝う時間がやってきた。「このタイトルをあなたたちに捧げるのは、本当に嬉しく光栄なことです。一年間、バルセロナから離れたところにいたけれど、再び、僕らのいるここに戻ってきたよ!」 とティト・ビラノバは、スタジアムの観客に呼びかけた。

ビラノバは続けた。 良い時も悪い時も、私達に今季、与えてくれた信頼と支援に心から感謝したい。あなたたちなしでは、これら全ては、ずっと難しいものになっただろう。私のコーチスタッフにも感謝したい。彼らにかつてないほど働かせたが、素晴らしい仕事で応えてくれた」と付け加え、最後に選手にも感謝のことばを送った。「彼らを助けて、元気づけてあげて欲しい。彼らがあなたたちを楽しませてくれているのだから。バルサ万歳、カタルーニャ万歳」と締めくくった。

リーグ杯を持ち上げたティトとアビダル

ティト・ビラノバが話す前に、カルラス・プジョルもサポーターに向かって話した。「僕らを支えてくれたことに感謝したい。ハードな1年だった。でも、リーグを勝ち取ることができた。それに何よりも大事なのは、アビダルとティトが再び、僕らと共にいることだ。僕らが手にするにふさわしいこのリーグ優勝を祝おう。来年はもっと(タイトルが)欲しいと思っている」

  キャプテンは、リーグ優勝カップをスペインサッカー協会会長のアンヘル・マリア・ビジャールの手から受け取ると、それをアビダルとビラノバに渡し、最初のリーグ優勝カップをこの二人に高く掲げさせた。 2011年のウェンブレイの時同様、この気遣いは記憶に残ることだろう。

ビデオ、花火、子供達

続けて、祝賀会が行われた、そのフィエスタでは、花火と選手の子供達が、別の主役となった。電光表示板に映し出された思い入れのある映像を集めて作ったビデオが夜を彩った。詳細は、下記のビデオから再現可能だ。

上に戻る