fcb.portal.reset.password

Tito Vilanova, aquest diumenge, al Vicente Calderón / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ティト・ビラノバは、ビセンテ・カルデロンの記者会見場で、はっきりと明言した。「疑いの余地なく、私達はリーグ最高のチームだ」 と。"「シーズンの最初から勝ち点を重ねていくべきだと私達は、はっきりと意識してた。なぜなら、ビッグチームは最初の数節でつまずくことが往々にしてあるあるからだ。 私達は幸先のいいスタートを切り、それが私達にメリットをもたらした。 その後、誰もが私達がリーグ優勝をしたものだと考えたが、私達はリーグ後半、素晴らしく戦ったレアルマドリードに精神的に任されなかった」 とバルサの監督は説明した。

「去年、手に入れられなかったタイトル、リーグ優勝を再び、獲得できるのは最高だ!」 とビラノバは喜びを表現した。だからこそ、今季の評価をする際にビラノバの意見はクリアだった。「リーグ戦を勝ち取ったシーズンは、常に良いシーズンだ。残念ながら、チャンピオンズリーグ準決勝で、より良い形で臨むことができなかった。来年は、今年より困難だろうが、また、同じ高みにいられるように努力したい」と話した。

ずっと頂上にいたことがメリット

また、ビラノバはチームの野心についての価値を強く訴えた。「スポーツの世界で最も難しいのは、過去に得たことのあるものを再び、獲得することだ。そこには大きな価値がある」 ゆえに、ビラノバは、チャビ、プジョル、イニエスタといった選手に対して、敬意を払うように求め、 「これらの選手は、クラブ史に残るリーグタイトルの三分の一を手にしているのだから」 と改めてその認識を促した。

FC バルセロナの監督は、個人主義からは逃げ、「このタイトルは私にとっては4度目のタイトルだ。他の3回のタイトルをとな時ように私は嬉しく感じている。常に私達はチームで仕事をしているのだから」と付け加えた。最後に目的の四番目にあたる勝ち点100にたどり着くことだが、その記録については、「もし、手にできるオプションがあるなら、私達はトライするだろう!」と答えた。 それが、バルサのベンチを初めて率いて、その初年度にリーグ優勝を収めた史上6番目の監督、ティト・ビラノバのことばだった。

上に戻る