fcb.portal.reset.password

記者会見でのロウラ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ジョルディ・ロウラは、数種冠前からニューヨークにいるティト・ビラノバ は、チーム内のことは全て把握しており、試合だけでなく練習でも、決定を下していることを明かした。「ニューテクノロジーのおかげで、私達は、常に連絡を密にとっている。彼は具合がいいし、元気にしている。ティトは全試合情報にアクセスできるし、そのためにコメントもできる。彼がここにいなくても、違いは最小限だ」 」と説明し、また、「全試合を見ているし、それに練習を見ることができるカメラのシステムも整備している」ことも明かした。

ヘタフェ到着

ヘタフェ戦については、正午に行なわれるため、「時間帯ゆえに、特別な試合だが、その時間帯が私達に影響しないように、私達は最大限の集中力をもって最高の結果を出せるように努力する」と話した。また、トップチームの先週14人が、今週、代表戦に招集されていたことも付け加え、ローテーションシステムを使うかもしれないと明かした。 「選手によっては疲労しているかもしれないが、4日間、あったので、早く回復できただろう。全員の状態を見て、スタメンの11人を決めるつもりだ」と話した。

ヘタフェについては、「とてもディフェンシブで、常にきっちりと守ってくるので、私達にとっては、いつも手こずらさせるライバルだ」と話した。ヘタフェを前に勝利をあげれば、2月はだいぶ、落ち着いて過ごすことができる。「リーグ戦での勝利は、チャンピオンズリーグ、国王杯と続いていく試合に向かっていくためにも大事。だが、実際は1試合1試合を消化していかないとならない」とコメントした。

上に戻る