fcb.portal.reset.password

Tito Vilanova, aquest dissabte, a la sala de premsa / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

それ以外に考えられないとはいえ、ティト・ビラノバの全神経は、今週の日曜日のアトレティコ・デ・マドリード戦(19時)に向けられている。「私の頭にあるのは、私達が自分達の試合に勝たなければいけないというそれだけだ。今週の土曜日に何が起きるかを気にしてはいられない」とバルサの監督は断言した。

ビラノバは今回の試合は「難しい」と表現し、シメオネのチームが首位に向かって正面から戦いを挑んでくることを疑っていないからだ。「私達に勝ちに来るライバルを期待している。バルサとの対戦は常にモチベーションがアップするものだ。アトレティコは、国王杯の決勝を戦わなければならないが、この試合を十分、戦えるチームを手にしている。ホームでの失点はたった10点で、今季、素晴らしいシーズンを過ごしている」。

私達に勝ちに来るライバルを期待している。バルサとの対戦は常にモチベーションがアップするものだ。

また、ティト・ビラノバは、シメオネの考え方次第で、ピッチ上に通常スタメンの数が増えるか増えないかが決まるだろうと考えている。誰がピッチに立とうが、このリーグ戦を決めたいと、ティトは明らかだ。 「まるでずいぶん前から優勝が決まっているかのようなイメージがあるが、レアルは信じられないくらい素晴らしいリーグ戦後半を展開してきた。 もし、私達が気を抜いていたら、我々を超えていただろう」と話した。

「このリーグには非常に大きな価値がある。私達は勝ち点100をあげたという史上最高のマドリードを相手に対戦しているのだから」 とビラノバは、話したが、バルサが今季、勝ち点で12点差をつけたのも事実だ。「私達の最初の目標は、リーグ優勝だ。勝ち点100を手にするのは、タイトルを意味しない。もし、今週の日曜日に勝てば、そえrは手に入れたことになるから、それを努力したい」と付け加えた。

まるでずいぶん前から優勝が決まっているかのようなイメージがあるが、レアルは信じられないくらい素晴らしいリーグ戦後半を展開してきた。

ビラノバは、 メッシは今週を通して、調子が上向きになっており、 90分間、プレーできるだろうと説明した。とはいえ、 「今週の日曜日の木曜日は、メッシが50ゴールをあげることではなく、リーグ優勝することだ。 メッシが達成できるなら、その方がもっといい」と練習場の記者会見でビラノバは答えた。

最後に、ビクトル・バルデス の欠場について、ビラノバは、今週の金曜日、少し、強めの練習を行なったが、それが逆に悪い結果を生んでしまったと話し、 「悪い方の足に体重をかけてしまい、左足のヒラメ筋を痛めてしまった。このピッチに立って、バルサでの500試合目を迎えたいと強く望んでいた」ことを明かした。相変わらず、リハビリを続けているのは、カルラス・プジョルであり、「手術の後の典型的な違和感が消えてきている」とティト・ビラノバは、説明した。

上に戻る