fcb.portal.reset.password

Altimira, Vilanova i Roura, amb la Lliga al Camp Nou / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ティト・ビラノバ、ジョルディ・ロウラ、アウレリ・アルタミラは、村出身の実直な人柄そのままに、回りくどい言い方をすることなく、話した。青年時代に知り合い、多くの時間を共に過ごし、マシアでの経験を分け合い、バルサの下部カテゴリーで共にすごし、サッカーという自分達が最も好きなことを過ごしてピッチ外でも過ごしている。ペップ・グアルディオラがバルサのトップチームを作る際に、その技術部門に彼らを再び、集めたのだった。

2012年、 グアルディオラが別れを告げたのと共に、三人は一歩前に進んだ。2012/13年のリーグが、バルサの歴史に残る最高のリーグになると賭けることができたのは、わずかな人だけだったことだろう。 ビラノバとロウラ、アルティミラは、どのようにこの1年を過ごしたのかをバルサの公式雑誌で赤裸々に話しているその概要をここに紹介する。  勝ち点100を手にしたリーグ優勝から、トップチームの監督がいかに重病と戦ったまでがここに記されている。ティト「私達に長期間、圧力をかけてくるクラブがいなかったのはきつかった」
リーグで勝ち点100を手にしたことを、スタッフコーチは誇りに思っているが、何よりも特筆すべきは、チームの競争心あふれるバルサスピリッツだと信じている。 12月から、リーグ優勝に向かって順調に歩んできたものの、「もっといけたはずだった。私達に圧力をかけてくるクラブが長い間、どこもいなかったことが何より、難しかった。マドリードが勝ち点100を手にした年、私達は91だった。私達が99を手にした時、マドリードは96だった。いったん、リーグチャンピオンが決めれば、普通は試合をいくつか落とすものだが、もし、そうなったら、勝ち点100は手にできなかった。これは、チームがもっている競合のスピリッツを顕著に表している」とビラノバは話した。

  それについてロウラは、「ことばにするのは簡単だが、勝ち点100は尋常じゃないよ!また、リーグ優勝は手にできるかもしれないが、勝ち点百を手にするチャンスを逃すことはできなかった。プロだったら、それはできないよ」と付け加えた。 「この間、比較を目にしたんだがーとティトが話し出したーバルサは勝ち点68とか70点でリーグ優勝していて、大抵は80くらいで優勝している。100はすごく高い勝ち点数なんだ。 それをキープし、毎年、勝つのは非常に難しいし、これは他のスポーツでは起こりえない。NBAのチャンピオンが繰り返すことは難しい。もし、チャンピオンズリーグを二年連続で同じクラブチームが勝てないのには、何らかの理由があるからだ」アルティミラ「私達は、勝った試合は緑でドローはオレンジで負けたら赤で色をつけていく。1年たって 全部が緑で埋まっていたら、それは正しい道を歩いているということだ」
アウレリ・アルティミラの意見は異なっていたが、勝ち点100を手に入れるには、幸運も味方する必要があり  (セルタのホームやサン・マメスで最後の瞬間にゴールが決まったことを悔やんだ)、最後まで「リーグは手に入れたも同然といった感覚」は持てなかったことを明かした。彼の仕事部屋には、順位表が飾られており、「勝った試合は緑でドローはオレンジで負けたら赤で色をつけていく。1年たって 全部が緑で埋まっていたら、それは正しい道を歩いているということだ。だが、それとは別に二位との差もマークしている。後期に入ってから、その差は常に変わることがなかった。マドリードは決して負けなかった。私達はそれほどうまくいかなかった試合があった。だが、二位は手を緩めなかった。だから、もう勝っているという感覚はなかったl 。

上に戻る