fcb.portal.reset.password

 

バルサのトップチーム監督は、今週の日曜日にコルネジャーエル・プラットで行われるエスパニョールとのダービー戦(20時)に向けて、引き続き、練習を行なった。練習は、カンプノウスタジアムにてシャットアウトで行われたが、トレーニングセッションは再び、ティト・ビラノバが率いた。ビラノバ監督は、ここ数日間、癌免疫療法治療のために、ニューヨークにいき、不在だった。

ダニ・アウベスとアドリアーノ は、抱えていた違和感を克服し、グループ練習に加わった。その一方で、アビダルは左足のヒラメ筋を負傷し、カンプノウのピッチで様子をうかがいながらトレーニングを行なった。

選手の中で負傷のため、唯一、姿を見せなかったのは、フィジオセラピーを行なっているレオ・メッシとリハビリトレーニングを続けているカルラス・プジョルのみだった。

上に戻る