fcb.portal.reset.password

Vilanova ha comparegut davant els mitjans de comunicació abans del Barça-Bayern / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

「私達自身を信じるのは、義務であり、信念だ」とティト・ビラノバは話した。ティト・ビラノは、決して敗退が決まったものとはせず、バルサがチャンピオンズリーグの準決勝で、バイエルン・ミュンヘンを下して、進出する可能性を信じている。 「そのむずかしさは十分、承知している。だが、私達はバルサだ。まだ、我々のスタジアムで試合が90分間残っているのに、敗退が決まったものとすることなんてできない」と話し、万が一、もしも、第一レグの4-0をひっくり返せなかった時も、ビラノバは選手がピッチで最後の一滴まで汗を流しきることを信じている。「もしも、進出できなかった時も、私達は頭をしゃんとあげて、決してあきらめることなく、応援してくれる人々が私達のことを誇りに思ってくれるようにしなければならない」 もし、進出できなくても、私達は決してあきらめず、顔をあげて 、ファンが我々を誇りに思ってくれるようにするだろう。

全てはナイスプレーから

ビラノバは、メディアを前に逆転を狙うにしても、チームは自らのエッセンスを失ってはならないと話した。 「私達はいい内容の試合をしなければいけない。彼らよりも優れたプレーをすれば、ゴールはついてくる」 とティトは説明した。また、「前半にゴールを決めることが重要なわけではない。バイエルンは前半に1ゴールしか入れていない」と説いた。 私達自身でいなければならない。いい内容のサッカーの試合を目指さなければならない。サッカーを通してゴールをマークしなければならない。

また、バイエルンが非常にいい試合を行なったことを認めた上で、だが、4ゴールを受ける試合でもなかったと話した。「バイエルンが非常にいい試合を行なったのは確かだが、彼らにとってメリットのある状況に恵まれたのも事実だ。私達はあの試合を落とさざるを得なかったが、(本来なら)この点差ではなかった」とコメントした。

カンプノウパワー

もしも、ウエンブレイに行きたいなら、バルサのサポーターの支えが、再び、水曜日は鍵になるだろうと、ティト・ビラノバは話した。  「もしも、進出を決めたいなら、サポーターの力が必要になる。バイエルンにしてもボルシアにしても、素晴らしい雰囲気を作り出し、それがチームを前に押し出す結果となった。我々をスタンドが手伝ってくれれば、物事はずっとやりやすくなると私達側もそれを証明しよう」と支援を求めた。 もし、私達が逆転したいなら、カンプノウのスタンドの力が不可欠だ。

「メッシには言うべきことがある」

また、ティトは マスチェラーノ が水曜日にプレーしないことを明らかにした。「特に大きな変化がなければ、ピッチにはいないだろう」とし、また、逆に決してピッチに立たないことがないのは、レオ・メッシだとも話した。ティト・ビラノバは、「彼の調子が良ければよいほど、私達の進出の可能性は高くなる・だが、彼にそんなにプレッシャーを与えるべきではない。彼を助けなければいけない。彼のようなレベルの選手は、こういった需要ような予選では、言うべきことがあるものだ」とコメントした。

上に戻る