fcb.portal.reset.password

Pedro ha marcat el gol de la victòria al minut 60 / FOTO: FIFA.COM

FCバルセロナの選手は、今週の火曜日、代表戦で良い成績を収めた。招集された8人のバルサの選手は、全員、スペイン代表でプレーし、サン・デニスで勝利を手にし、グループ内首位を取り返した。全ては、後半にペドロが決めたゴールのおかげだった。メッシとマスチェラーノは、ボリビアでドローを得た。 バルサの選手10人のうち、9人が代表でスタメン出場を果たし、 そのうちの8人(ロスタイムに交代したビジャとイニエスタ以外の全員)がフル出場を果たした。

セスク以外は全員スタメン

デル・ボスケは、セント・デニスで、スタメンに7人のバルサの選手を起用した。唯一、セスクのみがベンチスタートした(その後、試合の最後の15分間プレーした)。そのうちの二人、イニエスタとペドロは、試合で最も話題になったプレーに関与した。イニエスタのペドロへのアシストは、GKロイスがバルサの‘17番’を倒す形で終わった。主審はそれに対して笛を吹かず、PKの可能性があったプレーに抗議したチャビがイエローを受けた。

後半もペドロが再び、主役となった。セント・デニスでの勝利をもたらしたゴールは、彼のシューズから生まれた。モンレアルとのワンツーで生まれたプレーだった。モンレアルは、スペイン代表でのアルバの不在を補った。

試合のもう一人の主役はビクトル・バルデス 

前半のリュベリーのゴールを止め、プグバが退場を食らった後、10人になったフランスが試合終盤に再び、フランスがグループ内首位を奪回するかと思われたその時に、2014年ワールドカップに向かって、直接通過する楽観主義をもたらす鍵になったのは、ビクトル・バルデスの活躍だった。

1-2を許したメッシ

他方、メッシとマスチェラーノは、海抜3.650 メートルの高さにあるボリビアで、フル出場を果たした。アルゼンチンは、ホームのモレノ・マルティンスに前半28分、クロスヘディングシュートで先制されたが、ハーフタイム前にバネガがメッシが前半までもってきたプレーをPKゾーンでヘディングで突き刺し、試合を同点にした。

メッシは、試合終了時近くに、試合の成績をアルゼンチン側に傾けることもできたが、1対1になったものの、ボリビアのGKの前に、決定機を決められなかった。試合はドローに終わったが、何はともあれ、アルゼンチンは南米で堂々と首位をキープし続けている。

上に戻る