バルデスはカタルーニャ―ナイジェリア戦に欠場 / FOTO: MIGUEL RUIZ (FCB)

本日、ナイジェリア代表との親善試合を行なうカタルーニャ代表選抜に招集された選手達が、クリスマス休暇明けの最初の練習に参加するメンバーとなった、唯一の不在は、左足底筋膜炎を患ったビクトル・バルデス。バルデスは、カタルーニャ選抜戦の欠場が確定しており、クラブもその旨をカタルーニャサッカー協会に伝えた。

プジョル、ピケ、モントヤ、ジョルディ・アルバ、チャビイ、セルヒオ・ブスケッツ、テジョ、バルトラ、セルジ・ロベルトが、カタルーニャ選抜に合流する前に、今朝の11時からシウダ・・デポルティーバで行われた練習で汗を流した。

ティト・ビラノバ、シウダ・デポルティーバに

監督の ティト・ビラノバは、12月20日に手術した後、現在、回復している最中だが、この日、シウダ・デポルティーバに立ち寄り、午前練習をしていた選手達と挨拶をかわした。

練習は、今日の午後、再び、サン・ジョアン・デスピで行われる。時間は18時、シャットアウト練習で、本日、二度目の練習となり、この午後の練習には残りのトップチームの選手が参加する。全員が年明けの初練習に参加し、1月6日に行われるダービー戦、エスパニョールとの対戦に向けて準備を始める。バルデスは、午後の練習にはリハビリをしに参加する予定。