fcb.portal.reset.password

 

ティト・ビラノバ、ジョルディ・ロウラ、アウレリ・アルティミラにとって、今回がトップチームで手にした初めてのリーグ優勝ではない。4度目だ。三人は、2008年からスタッフコーチとして従事しており、その時から、2008/09, 2009/10, 2010/11, 2012/13年と常にリーグ優勝杯を持ち上げてきた。唯一、逃したのは、 2011/12年のみだ。

レア・ケース

5年間に4回のリーグ優勝という最近、5年間、バルサがリーグを支配し続けているというこの状況は、ヨーロッパ全体でも例がない。他の大きなリーグで、比較できるような例はない。マンチェスターユナイテッドはプレミアムリーグで、そのタイトルをチェルシーやマンチェスターシティと分け合ってきている。‘カルチョ’では、インテル、ミラン、ユベントスが最近の‘スクデット’を競っている。また、ブンデスリーガでは、バイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ドルトムンドーそれぞれ2回ずつーが優勝を手にしている。

ポルトガルのポルト

唯一、近い例を探すには、ポルトガルまで行く必要がある。伝統的にベンフィカとポルトが二強とされるこの国では、最近、ポルトに勢力が傾いている。‘ドラゴンズ’は、リーグ優勝を3連覇しており、また、やはり、5年間に4度の優勝を手にしている(ベンフィカが2009/10年に制覇)。但し、最も最近のリーグ戦では、ポルトは優勝を決めるために最終節まで戦わなければならない状況に追い込まれていた。

フランスでは6年間に6チームの優勝クラブ

  他の国のリーグを見てみると、2008年以降、際立つクラブチームがある。ギリシのオリンピアオコ、デンマークのコペンハーゲンなど、両者は最近、5年間で4回、優勝しているが、パナティナイコスやノアシェランと競合している。スコットランド、オランダ、ロシア、トルコなどは、より、散らばっており、フランスに至っては、この6年間、毎年、リーグ優勝クラブが異なっている

上に戻る