fcb.portal.reset.password

Valdés i Caballero són dos dels tres porters menys golejats de Primera

FCバルセロナがリーグ戦で、素晴らしい攻撃を披露していることに疑いの余地はない。現時点で18試合中61ゴールをマークしており、1試合平均3,4ゴール、二番目にゴールを多く決めているレアルマドリード(45)より、その数は、16ゴール上回っている数字が何よりの証拠だ。この得点能力の高さが、今週の日曜日、マラガのラ・ロサレダで試される。マラガがロサレダで受けたゴールの数は、9試合中9ゴールのみだ。ペレグリーニの率いるチームは、トップチームでどこよりも優秀なディフェンスを誇っており、今までの失点数はわずか13だ。決めたゴールの数は18だが、その強固なディフェンスゆえ、勝ち点31点で、順位表で4位に位置している。

さて、そのマラガがバルサのディフェンスを超えることができるだろうか。バルサは今現在、19失点でリーグ戦の失点率3位に位置しているーアトレティコ・マドリードが18失点でわずかにバルサを上回っているーが、ティト・ビラノバの率いるチームは、日々、相手が点をいれにくいチームへと成長している。ウィリー・カバジェロとビクトル・バルデスの顔合わせには、それだけに注目が集まる。点を決められるのが好きなキーパーなどいない。もちろん、この二人も例外ではない。


上に戻る