fcb.portal.reset.password

Neymar, abans de la roda de premsa / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

このネイマールの長い月曜日 は、公式記者会見で終わった。  「僕はここにいることができて嬉しい。ここにいることはネイマールが大人になってからの夢で、小さい頃のネイマールも同じことを考えていました」とその感動を伝え、その最初のことばに、ほぼ涙を流しそうになりながら伝えた。 「メッシやチャビやイニエスタなど、小さい頃から尊敬してきたクラックとともにプレーできるチャンスを手にできるなんて、すごく感動すること」 と21歳のブラジル人FWは話した。FCバルセロナがネイマールに払った移籍金は、5700万ユーロだ。

家族で決めた決断

他のチームではなく、なぜ、バルサに移籍することを選んだのかを効かれたネイマールは、気持ちの問題だったと答えた。「僕のことを多くのチームが欲しがったが、僕は自分のハートが連れていくままに任せた。それは僕が幸せでいられると確信できることを意味している。この決定は家族で下した。いつも、僕のお父さんとお母さん、家族全員と話すんだ」とネイマールは説明し、また、初めてカンプノウに足を踏み入れた時、殆ど泣きそうになったのをこらえたことを明かした。
 
適応と習得

チームに適応できるかが記者会見での質問事項の一つだったが、それに対してネイマールは、「僕のサッカーをプレーするつもりだ。落ち着いてプレーできるように、できるだけ早く適応できるように願っている。全てがうまくいきますように。簡単な変化ではないだろうと感じている。難しいかもしれない。でも、できるだけ早く、普通の生活をして、サポーターに喜びを与えるためにも、できるだけ早く適応すべきだと信じている」と答えた。

ピッチ上でのポジションについても、これといったプライオリティはないと話し、バルセロナで向上するだろうと告白した。「僕は偉大な選手達の横でプレーしながら、すごく向上するだろうと確信している」。また、プライベート面では、息子がブラジルに住んでいるため、決断を下さなければならない部分があると認めた。

僕がここにいるのは、彼が世界一で居続けて、更にFIFAバロンドールを獲得するのを助けるためだ
FCバルセロナの偉大な選手、レオ・メッシについては、ひたすら、褒め言葉のみを述べた。「世界一の選手の隣でプレーするのはすごく簡単だと思う。僕がここにいるのは、彼が世界一で居続けて、FIFAバロンドールを取り続けるのを助けるためだ」 と繰り返したネイマールは、「まだ、メッシと話していないが、早く会って抱き合いたい」とコメントした。

一方でティト・ビラノバとは話していることを認めた。「彼とは一度、電話で話した。すごく短い会話だったので、僕のポジションとかそういったことは話していない。僕の調子をどうかと聞かれて、僕も彼が病気だったので、調子は良くなったかと尋ねた」と明かした。一回、ティトと話した。僕の調子がどうかとだけ聞かれて、僕も、彼がまだ、病気を患っていた時だったので、彼の調子が良くなったかをきいた。

また、ネイマールはバルサに対する思いは、小さい頃からあると認め、「いつもバルサを敬愛していた。いつもブラジル人選手やそうじゃない多くのクラックがこのクラブにはいたから、小さい頃からいつも追っていた。小さい時から、(ここでプレーすることを)望んでいたし、今日、ここにいられることを神に感謝したいと述べた。
また、10年前の夏に移籍してきたロナウディーニョがバルサの最初の思い出だと話し、「小さい時から、すごく多く見て来た。彼がバルサでプレーしていたから」と付け加えた。番号について聞かれたことはないし、どの背番号になるのかもわからない。特にこれといった好きな背番号があったことはない。

ネイマールはバルサに移籍するのに「理想的なタイミングだった」と話し、サポーターや一部の記者の意見に左右されることはなかったと断言した。また、ペレの移籍に関するアドバイスも影響しなかったと答えた。身に着けたい背番号について聞かれたネイマールは、「背番号について心配したことはないし、どの番号をつけるかもわからない。背番号にこれといった好みは特にない」と明言した。

上に戻る