fcb.portal.reset.password

ダービー戦前にメディア対応するジョルディ・ロウラ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

魅力的なダービー戦、バルサ対エスパニョールの試合前に、ジョルディ・ロウラは、今週の日曜日、カンプノウで「ティトはベンチに座るだろう」と明言した。「まだ、治療を続けなければならないが、元気だし、力強く感じている。それが何より大事だ」とロウラは話した。ロウラがダービー戦前のメディア対応を引き受けたが、「自然に」対応した。もっとも、「素晴らしい状況にいることは確かだし、それは認めなければならない。あまり、この場所に現れたくはない。なぜなら、私が来ないということは、ティトがいるということだからだ」と話した。

今年最初の試合に注意

ロウラは、エスパニョールとの対戦が、順位表の上で差があるにしても、難しいものになることを理解している。 「「この試合はとても難しいこともわかっているけれど、それを知った上で、ダービー戦を楽しみにしている」と話し、エスパニョールとのダービー戦は「そのライバル性から、常に難しい」と説明し、また、「私たちは休み明けなので、リズムをつかむのは簡単ではない」 ことも付け加えた。

その意味では、この試合での目的は、「順調なスタートを切り、休み前まで続けてきたリズムを続けていくこと」だと話した。アトレティコ・デ・マドリードと9点差、レアルマドリードとは16点差をつけているが、ロウラはリーグ優勝は「まだ、決まったわけではない。まだ、多くの試合が残っている。1試合ごとをこなして勝っていかなければならない。いつかは負ける時が来るのはわかっているが、それが遅ければその方がいい」と話した。

アギレのエスパニョール

今週の日曜日、試合を準備するにあたって、ロウラは、エスパニョールの監督の交代により、ハビエル・アギレが入ったために、試合の準備を変えなければならなくなったことを認めた。「最近の試合をチェックしなければならなかった。アギレが来たことで、エスパニョールにとってメリットの大きい変化があったことを疑う余地はない」


上に戻る