fcb.portal.reset.password

練習でのティト・ビラノバ/ FOTO: ARXIU FCB

FCバルセロナの医療サービスは、FCバルセロナのトップチーム監督、フランセスク・‘ティト’ビラノバの状態について、下記のとおり、伝えた。: 「耳下腺の予後診断において、病理検査で拡大が認められ、手術を要すると判断された。手術は木曜日に行なわれる。入院が必要とされる期間は、3日から4日になる。

術後、フランセスク・‘ティト’ビラノバは、化学放射線治療を受ける必要があり、その期間は6週間になる。その間、術後の状態次第では、治療と通常業務を並行して行うことができる。患者の要望により、経過についてのプライバシーと経過のプロセスについては、敬意を示してもらえることをお願いする」

本日の午後、19時45分(現地時間)から、シウタ・エスポルティーバのプレスルームにて、サンドロ・ロセル会長とスポーツ強化担当、アンドニ・スビサレタが記者会見を行なう。

記者会見はバルサTVで視聴できる。

 


上に戻る