fcb.portal.reset.password

試合中のティト・ビラノバ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ティト・ビラノバは、試合後記者会見で、バルサの「リアクションが良かった」ことを指摘し、ベティスの先制点にもかかわらず、「チームはそのパーソナリティをみせつけた」と表現した。試合中、二度に渡って逆転しなければならなかった。「私達は前半、数多くのチャンスを得たが、ゴールは訪れなかった。簡単な試合ではなかった」とコメントした。また、ティト・ビラノバは、再び、ニューヨークに行くことを明かした。「月曜日にニューヨークに行き、検査を行なう予定だが、木曜日には戻ってくる」と話した。

「常に向上する必要がある」

来季、多くのことを変えなければならないかと聞かれたビラノバは、常に向上する必要があると明言した。常に向上するよう、努力しなければならない。今年は、私達全員が起きたことから学んだ。負傷やトップチームの監督が二か月間不在になるなど、難しい状況があった。来年は今年と異なることをするだろう」 とビラノバは説明し、早くリーグ優勝を祝いたいと話した。「リーグを制覇するのは、非常に大変なことだったことを私達は意識しなければならない。だからこそ、リーグ優勝を手にした時、私達は盛大に祝わなければならない」

「テジョは特別な選手」

また、トップチームの監督は、レオ・メッシについても話した。「メッシの負傷について行なった扱いが、今日の試合に彼が間に合うことを許す結果になったんだ。とはいえ、フィジカル面に欠けているかもしれない。なぜなら、余り練習することができなかったからだ」」とビラノバはコメントし、また、テジョとアレクシスについても話した。「テジョは異なったオプションを与えてくれるスペシャルな選手だ。ライバルに向かって行き、シュートを放ち、トップチームでのリズムを日々、身に着けている。シーズンの最初には、ここまでテジョが成長をみせるとは、期待していなかったかもしれない。一方、アレクシスは、とてもいいレベルでやってきた。彼の自信を持てるようになったのは、彼にとっても私達にとってもいいことだ」

最後に、ビラノバはバルサがリーグ戦で浮き沈みがなく、コンスタントにやってきたことは、既に証明されているとの考え方を示した。「リーグ戦で私達がコンスタントに成績を出してきたのは、完全に証明されている。もしも、気を抜いたら、もっと苦労することになっただろうが、私達はずっと頑張ってきた。誰も私達にタイトルをプレゼントしてはくれない」とバルサのトップチームの監督は、断言した。

上に戻る