fcb.portal.reset.password

2008/09年、処分を受けたグアルディオラの代わりに指揮をとったティト・ビラノバ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ティト・ビラノバは、バイエルン・ミュンヘンのスタジアムに4年ぶりに戻ることになる。既に、バルサの現トップチーム監督は、バルサを率いて、ベンチからチャンピオンズリーグの準々決勝を率いた経験がある。カンプノウで行われた試合で、メッシに対して犯された明白なペナルティを主審が示さなかったことに強く抗議したグアルディオラが、退場処分を受け、その次の試合の出場を禁じられたためだった。ちなみにその試合では、メッシのイエローカードを受けるハメになった。

ドローで‘準決勝’ へ

2009年4月14日に行われたその試合は、最終的に1-1のドローに終わった。カンプノウの第一レグでバイエルンを相手に4-0で試合を制していたバルサにとって、十分すぎる結果だった。その次の準決勝では、チェルシーと対戦した。


上に戻る