試合中のビラノバ/ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

リーグ戦でバルサを倒した最初のチーム、レアル・ソシエダとの対戦後の記者会見に現れたティト・ビラノバは、「彼らを祝すべきだ。私達のデメリットよりも彼らのメリットだった」と話し、いわく、前半に0‐3で試合を決めるべきだった。「選手に責めることは何もない。前半、私達は試合を支配していた。バーに二回あて、また、一度はホームで6失点のブラボーが防いだ」と付け加えた。

「まだ、多くのリーグ戦が残っている」

ビラノバは、リーグ戦で多くのメリットを手にしているとはいえ、まだ、多くの試合がリーグ戦を手にするには残っていると考えている。: 「まだ、多くのリーグ戦が残っているし、対戦しなければいけない多くの強敵が残っている」とアノエタでの黒星後、話した。この結果、アトレティコ・デ・マドリードは勝ち点8点差に迫る可能性があり、レアルマドリードは日曜日に勝利あげれば、勝ち点差を15に縮めることができる。

ピケの退場に関して、ビラノバははっきりしており、「こういったファウル(バルサの3番に二枚目のイエローが出されることを指す)については、二百回は話されている」とコメント。「0‐2の時点で、この試合は簡単に手に入るなどと考えることはなかった。レアル・ソシエダは1年前のチームと違う」 と話した。