fcb.portal.reset.password

記者会見でのビラノバ / FOTO: ARXIU FCB

当初の予定どおり、ティト・ビラノバの手術が行われた。術後の回復次第で、入院の時期は決定される。
クラブが水曜日に出した声明を現状では、維持している状態で、入院期間は約3,4日になるとみられている。追って、火曜日に発見された耳下腺の腫瘍が広がるのを避けるために、化学治療、放射線治療が行われる予定であり、その期間は約6週間になる。

患者のプライバシーに敬意を示してほしいという要望もあり、経過についても守秘義務を行使する。

ロウラがベンチに

ティト・ビラノバが不在の間、ジョルディ・ラウラがトップチームの指揮を執ることになる。水曜日の午後、このニュースを知った後、サンドロ・ロセル、アンドニ・スビサレッタ強化担当は、ビラノバを無条件に援助し、ジョルディ・ロウラに全幅の信頼を寄せることを伝えた。

上に戻る