fcb.portal.reset.password

 

ティト・ビラノバは、今週の日曜日、エスパニョール戦のためにベンチに戻ってきた。アンポルダ出身の監督は、ヌエボ・ソリージャで行ったバジャドリードとの対戦を率いることはできなかったが、今回のダービー戦でのベンチに座ることを担当医から許可された。

「こういった病気とも戦うことができることを彼は証明している。その精神力とフィジカル力を見せつけている」とロセル会長はバルサTVに話した。 ロセル会長は、「医療スタッフがカンプノウに来ることを許可した。その後の進行を見守る必要はあるが、チームを率いたいという気持ちがとても強くいので、ドクターがクラブフラッグをティトがもっていいと許す限り、彼がチームを率いるだろう」と公言した。また、2013年には「多くの健康」を願った。

また、最後に「私にとっては、バロンドールー今週の月曜日にチューリッヒで与えられるーがバルサに留まることになることを信じている。私にとっては、彼らが最高の選手だからだ」とコメントした。

上に戻る