fcb.portal.reset.password

Thiago celebra un dels seus tres gols a la final / FOTO: UEFA.COM

U-21サッカー欧州選手権 にチャンピオンが生まれた。2011年の王者と同じ、スペイン代表が今週の火曜日、イタリア代表を前にティアゴ・アルカンタラが決勝の前半でハットトリックをもたらし、彼の最後のU-21代表としての試合の有終の美を飾った。バルサの‘11’番は、最初から最後まで実力差をみせつけたスペインのリーダーを務めた。 モントヤとテジョ -二人がそれぞれ、二回のPKを生み出したー、バルトラ、ティアゴそしてムニエサー今回、決勝に参戦しなかった唯一の選手ーは、イスラエルからU-21の欧州チャンピオンとして戻ってくることになった。

前半10分に1-1

決勝の形が見え始めたのは、前半6分だった。 モラタの左サイドからのプレーをティアゴ・アルカンタラがとどめを刺し、この日、更に決めることになる最初の1点目を決めた。イタリアは早くも崩れ始め、スペインと正反対のスタイルで、ダイレクトサッカーで攻め、前半10分には同点弾をマークした。ロングパスを受けたインモビルがそのスピードでイニゴ・マルティネスを抜き、デ・ヘアを高い位置から崩した。最初の600秒間が過ぎた時点で、既に試合は1-1の様相を見せていた。

32分間でティアゴがハット

ジュレン・ロペテギ の率いる選手達は、徐々に反応し始めた。コケとモラタは、ゴールをマークする寸前であり、そのボールはティアゴを介してもたらされたものだった。ティアゴはコケのセンタリングを生かし、また、カルディロラがジャンプミスしたのを見逃すことなく、左足でゴールを突き刺した。

だが、スペイン代表はそれで満足しなかった。前回と同様、ティアゴがゴールをマークするのを請け負った。今回は、テジョがドナティにエリア内で倒され、手に入れたPKからだった。32分間ー6分から38分の間ーに、ティアゴは完璧なハットトリックを決めてみせた。

見えていたファイナル

ハーフタイムに1-3だったことが、残りの後半を決めた。スペインは明白に上位に立っており、ティアゴやテジョ、イスコは更に決定弾を決めるチャンスに恵まれたが、最終的にマラガの選手が、やはり、PKから、スコアを1-4に広げた。今回のPKを誘ったのは、バルサのサイドバック、マルティン・モントヤだった。

試合の終盤、テジョがピッチから去り、既に結果が目に見えた状態で、イタリアは、エリア外からボリニのロングシュートを突き刺した。スペインは、再び、ユーロU-21の王冠を手にした。

試合データ

イタリア, 2
スペイン, 4

イタリア: バルディ, ドナティ, ビアンチェティ, カルディロラ, レジーニ, フロレンツィ (サポナラ, 57分), ロッシ, ベラッティ (クリミ, 76分), インシグネ, ボリーニ, インモビレ (ガビアディニ, 57分)

スペイン: デ・ヘア、モントヤ、バルトラ、イニゴ、アルベルト・モレノ、コケ  (カマチョ, 85分), イアラ, テジ (ムニアイン,70分), ティアゴ, イスコ, モラタ

ゴール: 0-1, ティアゴ (6分); 1-1, インモビル (10分); 1-2, ティアゴ(31分); 1-3, ティアゴ (38分, PK); 1-4, イスコ (66分, PK); 2-4, ボリニ (80分)

主審: Matej Jug (SVN)

上に戻る