fcb.portal.reset.password

Ibrahimovic i Pinto, abans de la roda de premsa. FOTO: MIGUEL RUIZ

ズラタン・イブラヒモビッチとカルロ・アンチェロッティ監督がパリでバルサの対戦前に記者会見を行ない、二人ともこの試合は「世界一のクラブチーム」との対戦であり、「非常に難しい」試合だと認めた。おそらく今だけでなく、歴史上においても世界最高のチームかもしれない。多くのボールポゼッションをとられるだろうから、簡単な試合にはならないだろうが、私達も手にしている可能性は同じだ」とイブラヒモビッチは話した。また、カルロ・アンチェロッティも同じように考えており、 「この試合をプレーできるなんてすばらしい。全選手に満足してほしい。やる気を全面に出して試合を始めなければならない。ボールポゼッションを多く手にできないのはわかっている」 とコメントした。

メッシは世界一

今現在、メッシは世界一の選手だ。バロンドールは、メッシの名前をつけるべきだ。彼は今後もバロンドールを獲得し続けるだろうし、これからも最高選手でいるだろう。彼の記録を常に破っていっているからだ。歴史上最高の選手かって?まだ、現役の選手を評価するのは難しいよ」  とイブラヒモビッチは、元同僚について話した。また、自分については「僕は以前よりずっと改革された。今の僕は数年前になりたかった選手だよ。僕は31歳でチャンピオンズリーグでプレーし始めたのは10年前のことだ。今、僕は以前よりもずっと楽しんでサッカーをやっているよ」とコメントした。

一方、アンチェロッティは、メッシをピッチ内で食い止めることは難しいとしながらも、バルサにとってのイブラヒモビッチも同じだろうと推測している。 メッシを止めるのは難しいが、彼らにとってのイブラもそうだろう。とはいえ、私達は自身の攻守に集中していかなければならない」と話した。

「楽しみにしている」

PSGの多くの選手にとっては、チャンピオンズリーグの準々決勝を戦うのは、初めてだ。それだけに 「私達はとても試合を楽しみにしている。これは準々決勝で、素晴らしい試合だ。お互いを良く知っているチームと戦うのは難しいが、昨年のミランとの予選と比較することはできない」とイブラヒモビッチは話した。

最後に、アンチェロッティは、PSGは 「競争力が強いチームだし、私達はいい仕事をしている。チームは自分達のプレーをすべく、戦うだろう」と話した。

上に戻る