fcb.portal.reset.password

 

Éric Abidal també ha viatjat amb l'equip / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

Xavi, encara sense l'alta, forma part de la llista / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

チャンピオンズリーグ準々決勝が待ち受けるパリへ、バルサが旅立った。 チームは、ティト・ビラノバと共に遠征し、バルセロナのプラット空港を10時50分より数分前に出発した。ティト・ビラノバは、金曜日、日曜日の練習を率いており、パリに行くことになるとロウラがあらかじめ、伝えていた。

19時から練習

試合には、サンドロ・ロセル会長をはじめ、ジョセップ・マリア・バルトメウ、ハビエル・ファウス、ジョルディ・カルドネル、カルラス・ビラルビ副会長ら ほか、役員のスサナ・モンジェ、トニ・フレイシャ、ジョルディ・モイシュ、エドゥアルド・コイ、ピラル・ギノバルト、ラモン・ポント、ジョアン・ブラデ、ハビエル・ボルダス、シルビオ・エリアス、マネル・アロジョ、ディダック・リー、ジョセップ・ラモン・ビダルーアバルカ、ラモン・シエルコ及び強化担当ディレクターのアンドニ・スビサレタが帯同した。また、この試合に、ティト・ビラノバは全部で 21人の選手を招集している。

チームは12時10分にシャルル・ド・ゴール空港に到着した後、アルク ドゥ トリオンフ パリホテルへ移動し、そこで試合が始まるまで、休息をとる (19時)。


上に戻る