fcb.portal.reset.password

PSGとの対戦後のバルデス FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

ビクトル・バルデス が、バルサ-PSGの対戦での主役の一人になったことに間違いはない。バルサのGKは、前半戦、得点掲示板が動かなかった鍵になった。一方、反対サイドでは、シリグも1セーブをみせた。バルサは、 23回、シュートを放ち、対戦相手は16回 シュートを放った。また、今回のチャンピオンズリーグ準々決勝で起きたその他の興味深いデータもここに合わせて紹介する。

- PSG は、 バルサのポゼッションが63%になる ほどに攻めてきた。ちなみに、カンプノウでのミラン戦でのポゼッションは、68%だった。

- バルサは、 585 回、パスを通し、一方のパリスサンジェルマンは 395回だった。

- チャビ・エルナンデスは、ライアン・ギグス(マンチェスターユナイテッド)の記録と並び、 欧州大会の最多出場ランキング5位になった。

- ジェラルド・ピケ は、チャンピオンズリーグ50回目の試合を迎えた。

- ペドロ がチャンピオンズリーグで最後にゴールを決めたのは、 2010/11年、ウェンブレイでの試合だった。

- ジョルディ・アルバ  が最も多くボールを取り返した選手となった(13)

-1対1を最も多く仕掛けたのは、 アンドレス・イニエスタでその数は11回にも上った。それに続いたのは、 ダニ・アルベス (7) とルカス・モウラ  (6)

上に戻る