リーグ戦3番目に多かった大入りの試合となった / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

伝統的にヘタフェを相手にした時、苦戦を強いられることの多いバルサだが、今回は、バルサは歴史的な大勝での勝利を収めた。6対1に終わったその試合の興味深いデータをここに紹介する.

- ヘタフェは過去に1部で6点も失点したことはなかった

-アレクシス、ビジャ、メッシの三人の組み合わせは、今季の5節以来で、この試合まで繰り返されたことがなかった。

- 2011年11月9日、ラヨとの対戦で三人は共にプレーしたが、その時は、誰もゴールを決められなかった。

- レオ・メッシ は、再び、得点記録を伸ばし、これでリーグ戦では13週間連続でゴールしている。

- アレクシスのゴールを含めて、リーグ戦でバルサは15人もの異なった選手が得点を決めていることになる。

- 1996年以降、6人もの選手が1試合でゴールを決めたことはなかった。

- イニエスタにとっては、リーグ戦における200勝目になった。 (試合数は 288).

- バルサは、3回、ポストにあて、8回シュートし、6ゴールを決めた(シュート数は合計17回)

- 821 回、パスをうまく通したバルサに比べ(ポゼッションは73%) 、ヘタフェがパスを通した数は227回。

- イニエスタがパスをうまく通した数は138回中132回、 ティアゴは、140回中130回

- ピケ が最も多くボールを取り返した(13回)。