fcb.portal.reset.password

セルタ戦でのブスケッツ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

バライドスで再び、リーグ戦のセルターバルサが行われる (18時, C+ Liga 、 GolT局)。リーグ戦首位が訪れるこの試合を見るためには、6年間、待たなければならなかったが。再び、バルサがバライドスに戻る。最後にバルサが訪ねた時、セルタのGKはピントだった。この土曜日は、そのピントがアウェー側のゴールを守ることになる。アベル・レシノが率いるチームは現在、最下位から2位というランキングにいるが、レシノ監督は、殆どこの試合の準備のために準備時間がとれず、先にチャンピオンズリーグを見据え、また、欠場選手を多く抱えているバルサを驚かすのに絶好の機会だと信じている。

最高のニュース

招集リストのビッグニュースは、エリック・アビダルだった。1年1か月後、これ以上の朗報はない。その一方で、処分による欠場のバルデス、更に負傷により、プジョル、アドリアーノ、ペドロ、ジョルディ・アルバ。チャビまで欠場することになる。チャビは金曜日にグループ練習は行ったものの、リストから外れた。とはいえ、欠場者がいることは、決死て言い訳にはならない。招集リスト19人を埋めるために、バルサBからデロフェウとオイエルが招集された。ベンチに座るのは、ジョルディ・ロウラになる。ティト・ビラノバは金曜日に練習を率いたものの、まだ、遠征には帯同しなかった。

代表戦により、リーグが止まった後も、バルサはリーグ戦で首位をキープしているとはいえ、ビゴで再び、勝ち点を増やし、25回目の勝利をあげて、自信をつけて十分に充電した状態で、パリに向かいたいと考えている。

メッシ、歴史的記録樹立まで後1ゴール

バルサのクラック、メッシは、リーグ戦で18戦連続でゴールを得点し続けている。もし、ピッチに立ち、ゴールをマークすれば、過去になかった記録を樹立することになる。セルタがバルサの‘10番’にとって最後の犠牲者になる可能性がある。セルタは、カンプノウでは、メッシにゴールを決められずに逃げ切った(3-1)。その試合は、メッシの息子、ティアゴが生まれた翌日に行なわれた試合だったが、その日を最後に、メッシは全試合で得点し続けている。

勝ち点が必要なセルタ

セルタは、首までつかった状態でこの試合を迎えるため、それが対戦相手を必要以上に危険にする可能性がある。セルタはリーグ戦で手にしている勝ち点23のうちの19をバライドスで獲得しているが、もし、2部に降格したくないなら、勝ち点が必須だ。レシノ監督は、要となる選手をこの試合で数に入れることができない。イアゴ・アスパス が処分を受けておりートゥネスも同様だーコロンーデリ、アレックス・ロペス、セルヒオ、サミュエル、ウゴ・マジョは負傷欠場する。

上に戻る