fcb.portal.reset.password

Busquets, en roda de premsa / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

他のチームの動向に関係なく、チームはタイトルは日曜日にカルデロンで取得すべきだと考え、練習に励んでいる。セルヒオ・ブスケッツが明かした。 「僕らは土曜日に試合に勝つ準備をしている。でも、もし、その前に決まっても、タイトルの重要性は変わらない」といい、なぜなら 「タイトルを手にすることは常にスペシャルで重要なことだからだ。リーグ戦は尚更だ。年間を通したコンスタント性が求められるのだから。それにこの5年間で4度目のタイトルになるとしたら、そんなにすごいことはない」 リーグ優勝は年間を通したコンスタント性が求められる重要なタイトル。それにこの5年間で4度目のタイトルになるとしたら、そんなにすごいことはない。

ブスケッツは、バルサファンはリーグ優勝のタイトルを大いに祝うだろうt考えている。 「バルサファンなら、誰もがこのチームのことを誇りに思ってくれているはず。彼らはリーグ優勝を達成してほしいと僕らに願っている。サポーターはこのリーグ優勝の価値をわかってくれている」と話し、チャンピオンになった時は、町中をパレードし、スタジアムでのフィエスタ(お祭り)にしたいと話した。「是非、やりたいし、ここから後、まだ(リーグが終わるまで)数週間あるのだから、なおさらだ。僕らとサポーターにはそれを楽しむ権利があるし、それが僕らにできる最高のことだと思う」と話した。

「難しい負傷」

また、ブスケッツは1月末から違和感を感じ始めた恥骨の負傷について話し、「治療をするようになってから、良くなった。この負傷はすごく複雑で、日によって違う。少しずつ、なおしていき、理想的な方向に行くといいと思っている。一日でいきなり消えたりするようなものじゃないことはわかっている」とコメントした。また、「今は調子がいい」ため、とりあえず、手術は行わない方向で考えていると明かした。

将来

将来について、ブスケッツははっきりしている。 「将来も現在も、僕はここにいる。ここから動く意思はないし、自分はバルサにいるように見えている」と話し、長くいるチャビやプジョル、バルデスといった選手の名前をあげて、「彼らは僕にとって手本だから」とコメントした。

その話題にのぼったカルラス・プジョルが今シーズン末に移籍するかもしれないと言われているその可能性について、 「そのうわさについては、既に打ち消されている。僕らはプジョルと一緒にいられてうれしいし、是非、何年も続けて欲しい」「彼はいい状態にみえるよ。リハビリの真っ最中だ。厳しい負傷ではあるけれど、できるだけ早く戻って来たいという気持ちが強いし、できるだけ早急に復帰して、チームと一緒にいたいと頑張っていて、周囲が止めなければならないほど」と付け加えた。また、「現時点では、プジョルやバルデスのいないバルサはできないけど、いつか、そうなるのだろう。時間がたてば、あらゆることが起きる」とコメントした。

上に戻る