fcb.portal.reset.password

L'equip va fer-se amb el liderat a la primera jornada, contra la Reial Societat (5-1) / FOTO: ARXIU FCB

リーグにおいて、バルサは二度目の記録を達成した。 FC バルセロナは、今季、38節中、初節から今までずっとランキングで首位を貫き通してきたのだ。最初から最後までだ。

バルサは、レアル・ソシエダを相手にした初戦を 5-1で下し、得失点差で他のチームと差をつけて、首位に躍り出た。 そこから、ティト・ビラノバが率いるバルサは、弾丸のように突き進んだ。 リーグ全体で史上最高の開幕記録を生み出し、最初の7節で6勝をあげた。大きなメリットをあげたビラノバのチームは、その後、決して首位の座を譲り渡すことがなかった。

前例、ベナブルス

唯一、この記録と並ぶ前例は、 1984/85年だ。 その年、テリー・ベナブルスの率いていたチームは、開幕戦をベルナベウで0-3で迎え、首位についた。その後、大会で5試合連続で勝利をあげ、5試合を残した状態でバジャドリードのホームにて、チャンピオンとなった(1-2)。 後に、 'Urruti t’estimo' (‘ウルッティ・大好き’の意)リーグと呼ばれた歴史的なリーグとなった。

上に戻る