ロサレダでのジョルディ・ロウラ/ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

「私達は、試合の通過を大喜びで祝ったよ。この試合がどれだけ大変なものかを私達はよく理解していたから」とジョルディ・ロウラは、ラ・ロサレダの記者会見場で話した。「私達にとって難しい試合だった。私達は、ここに勝ちに来なければならなかった。だが、全体を通した時に、私達は通過するのにふさわしかったと思う」と、FCバルセロナの第二監督は話した。

ロウラは、再び、選手の姿勢について強調した。「再び、私達のベースは、これらの選手達のおかげで出来上がっていることが証明された。この選手達は再び、教訓を与えてくれた。それも、一回や二回じゃない!」 「正直、チーム全体がよかった」とロウラは認めた。

メッシの交代は念のため

メッシを変えたのは念のためだ。右足の内転勤に疲れがたまっていた。特別なことはないと思っている」とロウラは交代について説明したが、まだ、クラシコについてのコメントは避けた。「日曜日にまだ、オサスナとの大事な対戦が残っている。レアルマドリードについては、話さない方が好ましい」と答えた。

また、ロウラは、これらの勝利は、「ビラノバとアビダルが過ごしている状況にプラスの支えになる」 と付け加えた。最後に、芝の状態について、「ピッチの状態は、正直、本当にひどかった。プレーするのもコンビネーションプレーを行なうのも難しかった。芝の状態は、両チームにとってデメリットになったと思う」とコメントした。