fcb.portal.reset.password

サン・シロでのジョルディ・ロウラ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ジョルディ・ロウラ は、2-0の結果が、「悪い結果」だと認めたうえで、とはいえ、チームと選手に全幅の信頼をおいていることを強調した。「もし、信用がおけるチームがあるとすれば、それは私達のチームだ。私達は運に欠けたが、予選に通過することができる。きっと前進できるだろう」「あbるセロナが予選を通ると確信している。私達はホームでプレーするし、人々が支えてくれるだろう。芝の状態も最上だろう」とFCバルセロナの第二監督は付け加えた。

あまりにも厳しい結果

ジョルディ・ロウラは、「我々にとって最高の試合ではなかった。だが、試合の展開を見る限り、結果は余りにも厳しすぎたと思う。前半は試合をコントロールしていたが、その後、彼らは二度のチャンスを手にし、ゴールを決めた。最初のゴールはファウルからのボールを利用したもので、2ゴール目はカウンターからだった」 と分析した。

ロウラは、ミランの試合の組み立て方には驚かなかった。「このスタジアムは、常に難しい場所だ。ミランはミランのやり方をして、ミランは多くの選手を後ろに貯めて、非常にきっちりと守ってきた。スムーズなパス回しなども通常以上に苦労させられた」と告白した。

穴だらけのピッチ

ロウラは、「最初のゴールが私達を痛めつけた。私達はそこで勢いを失い、おそらくそこで落ち着きを少し失ったのかもしれない」と話し、最後にピッチの状態が悪かったことを再び、口に出した。「ピッチは穴だらけだった。この手の試合にはふさわしくない」と嘆いた。


上に戻る