fcb.portal.reset.password

観客の支えに感謝したジョルディ・ロウラ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ジョルディ・ロウラは、今回、正午に行なわれた最初のバルサの試合に、85.610 人もの観客が集まったことに対し、スタジアムのスタンドからの応援が大きな支えになったと感謝し、「あまり、普通の時間帯ではないが、スタジアムはお祭りだった」とコメントした。カンプノウがこれだけいっぱいになることは、ロウラにとってはチームがいい試合をするのに大きな助けになっているといい、「スペクタクルな試合を行なうためには必要なことだ」と話した。

最初から目覚めていた

この見世物は、試合のスタート時から見ることができた。「選手達は、正直、素晴らしいレベルにいた。試合の最初の1分から、非常に強い集中力でもって試合に臨んだ」とその姿勢をたたえた。

また、ロウラは、再び、大量ゴールで勝利を収めたこと、また、その6ゴールがそれぞれ、異なった選手にとって得点されたことを高く評価した。先制点をマークしたアレクシス・サンチェスについては、「彼の仕事とその姿勢に私達はとても満足している。最近は、運に恵まれていないこともあったが、いいゴールを決めたと思うし、彼の自信になったと思う」とコメントした。

「イニエスタの自然体が、ますます、彼を偉大にする」

アンドレス・イニエスタは、再び、試合で素晴らしい活躍を見せ、ロウラも特別にイニエスタにコメントを捧げた。「再び、非常に高いレベルを証明した。彼はとても自然体でプレーするので、まるでサッカーが簡単であるかのような気がするが、それがまた、彼をより偉大にする」と話した。また、今日、スタメンでプレーしたアレックス・ソングについて「非常に高いレベルでプレーしているチームの中にいて、非常にのびのびとプレーしていた」と評価した。

上に戻る