fcb.portal.reset.password

セビージャ戦でのジョルディ・ロウラ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

ジョルディ・ロウラは、二回もの打撃から立ち直ったバルサのリアクションに強い満足感を示した。二回の打撃とは、ミランでのKOとセビージャの先制点だ。「試合は負けることもある。本当に大事なのはリアクションだ。私達はこれ以上はないおhどのハードな試合を終えた。私達が試合を支配し始めた時に、ゴールを決められた。再び、チームはリーグ優勝のために、誇りをかけて勝利を手にしなければならなかった。そのリアクションたるや素晴らしかった」と表現した。

冷血に

バルサの監督は、ハーフタイムにスコアが0‐1だった時に選手に「落ち着くように伝え、戦術のバリエーションを説明した。まだ45分間残っており、試合は開かれていた。最悪だったのは、私達が性急すぎたことだ」と話した。また、交代については「セビージャは非常に守備的にきたので、スペースを見つけるのに苦労していた。テジョは非常にいいプレーを見せて、彼のおかげで私達はより大きくピッチを使えるようになった」と説明した。

試合終了まで4分という時にブスケッツを入れたことについては、「2-1になってから、私達は中盤のコントロールを少し失っていたので、そのために彼が出ることになった」と話した。

セビージャとの対戦で、バルサは再び、無失点に抑えることができなかった。ジョルディ・ロウラは「常に無失点を目指している。確かにその意味では私達は問題を手にしているし、その点は向上しなければならない。特にポジショニングについてはそうだ」と告白し、「心配しているのは当然だ。この点もほかのことももっと向上したいと思っている」と付け加えた。

まずは最初のクラシコ

セビージャを前にしたハードなテストをいったん、超えた後、コーチスタッフは、既に次の試合を考えている。マドリードとの対戦だ。この試合について、ロウラは「クラシコは常に大事だ。だが、火曜日は国王杯であり、この試合は決定的なものだし、土曜日の試合はそうじゃない。なぜなら、リーグ戦にはまだ試合が残っているからだ。その意味で、選ばなければならないなら、火曜日の試合の方が重要性がある」と話した。

上に戻る