fcb.portal.reset.password

試合中のロウラ/ FOTO: ARXIU FCB

「私達は勝ち点3点をあげようという意図をもってきたが、いつも、バレンシアで勝つのは難しい。ドローは、一般的な意味で公平だと思う」とジョルディ・ロウラはメスタージャの記者会見場で話した。FCバルセロの第二監督は、「マドリードでの非常にハードな試合の後、やってきたので、フィジカル面では消耗している。試合の波に乗るのに時間がかかったが、後半はよくなったと思う」とコメントした。

また、ロウラは「後半は私達は、2、3回、ゴールチャンスを得た」と話しつつも、対戦相手の内容が良かったことも認め、「バレンシアは、非常に強くプレスをかけてきて、殆どプレーさせてくれなかった。そのプレスの強さに、私達はプレーを構築させてもらえなかった。おそらく、通常よりも攻撃ゾーンに近づけなかったのは、ふだんよりもフレッシュさに欠けていたから」かもしれないと分析した

ディフェンスの継続

ロウラは、今回、前試合と同じディフェンスを起用したことについて、「この試合の重要性をわかっていたので、最近、プレーしているのと同じディフェンスを使う方がいいと判断した。4日前にプレーしたばかりで、回復するのに十分な時間はなかったが、ここから長い1週間がある。それもあり、多くの選択肢の中から、今日のイレブンを選んだ」

このイレブンの中では、バルデスが特に精彩を放った。特に試合終盤は主役を張った。「私達は彼と一緒にいられてとても嬉しい。私達にとって彼より最高のキーパーはいない。この日曜日、彼は再び、非常にハイレベルな力をみせて、バレンシアからのゴールを防いだ。私達と一緒にいる限り、私達の助けになるだろう」とロウラはコメントした。また、マスチェラーノを交代させたのは、前半にイエローカードを受けたせいだったことも明かした。

選手コメント

ジョルディ・アルバ

「メスタージャでは、バルサは常に苦労していた」「バルベルデが来てからのバレンシアはとても強い。シーズン末には、きっと上位にいるだろう」

「バレンシアにいる間、僕はとても気持ちよく過ごしたから、良いことばしか浮かばない」

「正午にプレーするのにいい時間帯だと思う。僕らはその時間に練習するのに慣れているし、子供達もたくさん、スタジアムに来れるだろう」

次の練習は火曜日

バルサの次の練習は、火曜日の11時にシウダ・デポルティーバで行われるが、その練習にはスペイン代表の試合に招集されている10人は参加しない。また、マドリードで行われるチリーエジプト戦に参戦するため、アレクシスも不在となる。

上に戻る