ジョルディ・ロウラ、水曜日の練習で FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

ティト・ビラノバの病状について、発表された後、サンドロ・ロセル会長及びアンドニ・スビサレタ強化担当が行った記者会見で、二人は「クラブチームのメンバーとコーチスタッフに全幅の信頼を置いている」ことを改めて伝え、第二監督のジョルディ・ロウラがビラノバの不在の間、トップチームを率いることを発表した。 「私たちは非常に優秀な人達の掌中にいる。彼らと一緒なら、安心して歩き続けていける。 彼らの手でバジャドリードの試合は行なわれる」 と説明した。「私たちのプロジェクトに向かって、自然体で向き合っていく。ティトはいないが、ジョルディ(ロウラ)とコーチスタッフはみんないる」と話した。

「ティトは落ち着きをもたらしてくれた」

スビサレタは、時間を追ってその経緯を説明した。火曜日の朝、ビラノバが通常のコントロールを行なった時は、全てが順調に思われた。その後、夜になって困難な状況が見つかった。。午後、練習前に全員が集まった。「この新しい目標(再手術を指す)を試すつもりであるといい、私たちに落ち着きをもたらしてくれた。私たちは、ティトとその家族を包み込むためにいる。スポーツ面を今は忘れている。それはあくまでも二次的なもの。この新しい目標に向かっていくつもりでいる。もちろんだよ」

チームは一丸となって

スビサレタは、また、ロッカーチームがどのようにこのニュースを受け止めたかも説明した。 「以前にもあったように、全員が再び、一丸となっている。アビダルが話したように、ティトの強さは、全員の強さなのだ」 また、 「私たちは、顔を上に向けて、立ち上がり、仕事を続けていかなければならない。それぞれの試合が、まるで人生そのもののように、それぞれに。重要性があることを知っているのだから」と話し、「私たちは伝説ではない。私たちは人間なのだ。私たちに起きる出来事は、あらゆる人達に起きることと同じなのだ」と話した。