fcb.portal.reset.password

Roda de premsa Tito Vilanova / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ティト・ビラノバは、今シーズン、 2012/13年を象徴する顔の一人だった。この映像ドキュメントは、つらかった時期を乗り越え、最終的にハッピーエンドを迎えたシーズンを振り返るものだ。2012年6月25日に初めて公の場にトップチームの監督として表れてから、今年の4月26日、ニューヨークでの滞在から戻ってきて、再び、姿を現した時までを集約している。記者会見を通して、バルサの監督の観点からみたクラブ史上22回目のリーグ優勝について、ここに再現する。

2012年6月25日
「どの比較でも、私は全て負けるよ。全敗だ。一つとて勝てるものはないだろう。私はそれを自覚しているが、誰かと競合するためにここに来たわけではない。私は自分の仕事をするために来たのだ」
ーグアルディオラとの比較を問われて
(ペップとの)「どの比較でも、私は全て負けるよ。全敗だ」
2012年7月17日
「1試合か2試合か、5試合謹慎処分を下されるのか、というそれが処罰ではない。一番、大きな処罰は、私達、両方ともこれらの映像を何年も見続けなければならず、それが続き、人々が見続けていくだろうということだ。試合に関しては1,2試合過ぎれば忘れてしまうけれど、これは別だ」
ークラシコで、レアルマドリードのジョゼ・モウリーニョ監督の指が、ティト・ビラノバの目に突き刺さった事件について

2012年8月18日
「全試合に勝つことを期待している。それが望みだ。大会が始まる前の状態で、私達は全試合で勝利をあげるのに十分なチームを手にしている。いいシーズンを過ごすことができ、できる限りの勝ち点をあげたい。人々がピッチ内外での私達に満足してくれるように」

2012年8月25日
「私の退場は、私が線審にファウルは明白だと言ったためだ。線審に抗議するなと言われたので、私は抗議しているんじゃなく、どうみてもファウルだったと言ったのだが、それは私を退場させるのに十分な理由になったようだ」

2012年10月1日
「私とマテウ・ラオスが修正した瞬間があったのは、試合であり、結果ではない。選手達は、もはや、何がファウルで何が違うのかわかっていない」

2012年10月7日
「ジャッジを行なうというのは非常に難しいことだ。もし、分析をするなら、私達に興味がある点だけでなく、全てを、分析すべきだ。ペペのテーマは、私達は彼の全ての映像と足蹴の映像でビデオを作ることができる。(それを見て)ペペが何か言えるだろうか」

2012年10月23日
「私達は以前は勝っていた。幸運なことに、今でも私達は勝っている。それが以前に比べて試合終了間際に勝つことが多いにしてもだ。それはどうしてか?私達はシーズンの最初にいる。何人かの選手は本来、プレーすべき量を超えた多くの試合をこなしており、そのために負傷者が出た。以前は私達は(余りにも強いので)退屈だと言われていたが、今はそうではなくなったようだ」

背の高い選手を獲得すれば、戦術プレーにそれほど苦しまなくなるだろうが、そうしたら、いい内容のサッカーができなくなる。申し訳ないが、私はベンチから自分達のサッカーを見て楽しみたいんだ」
2012年11月7日

「これがバルサの人々が見たいというプレーだ。私達はこういったプレーを実現するためには、小柄な選手が必要だとわかっている。背が高い選手を獲得すれば、戦術プレーのハイボールにそれほど苦しまなくなるだろうし、それは簡単な解決方法だが、そうしたら、いい内容のサッカーができなくなる。それについては申し訳ないが、私はベンチから自分達のサッカーを見て楽しみたいんだ」

2012年12月5日
「私の家では、カタルーニャ語で教育されたが、私はカタルーニャ語もスペイン語も完璧に話せるし、それは私の息子たちも同様だ。私達がしなければならないのは、オープンにすることだ。多くの言語を知ることができれば、その方がずっといい。この領土を回復するのに私達は苦労してきたのだから、30年前に戻るようなことがないことを望むよ」

2013年1月6日
「クラブは私を保護してくれていると感じている。この機会に、スタッフや選手達にお礼を言いたい。なぜなら、彼らにとっても容易な状況ではなかったからだ。多くのスタッフは私の個人的な友人であり、毎日を共有し合っている選手達は私にとってかけがえのないものだ。このグループは余りにも多くの予期しないサプライズと衝撃をここ数年受けてきた。にもかかわらず、彼らがみせたリアクションは、誰もができる簡単なものではない」

「現在、日々、調子は良くなってきているし、力強さを感じている。早くここに戻ってきて、チームの練習を率いて、記者会見場に戻って来たいと強く思っていた」
2013年4月26日

「私が通らなければならないプロセスを終えた今となっては、実際、体調はいいと感じている。もっと前に来ることができなかったのは、当然ながら、副作用で声に問題があったからだ。容易ではなかった。現在、日々、調子は良くなってきているし、力強さを感じている。早くここに戻ってきて、チームの練習を率いて、記者会見場に戻って来たいと強く思っていた」

上に戻る