fcb.portal.reset.password

Iniesta i Messi celebren un dels gols marcats l'any passat contra el Milan / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

今週の水曜日に行なわれる  バルサとパリス・サンジェルマンの対戦で、予測できることがあるとすれば、‘エスぺタクロ’、見ごたえのあるスペクタルな試合になるだろうということだ。両者とも、チャンピオンズリーグの準決勝の切符を賭けて戦う。 第一戦で証明したように、両チームとも攻撃的なスタイルを持っていることは明白だ。

ゴールへの飢餓感とバルサの効率性の高さは、ここ4年間、カンプノウで行われた準々決勝でスペクタクルな試合を見せていることからもわかる。成績は 16得点でたったの3失点であり、 試合平均得点は4ゴールだ。

バルサ、ホームスタジアムではミサイル並の威力

多くのチームが、メッシ、ビジャ、ペドロとその仲間たちの攻撃力に戦いを挑んだ。 ミランもその中の一つだが、3-1でバルサを前に敗退した。もっと、つらい敗退となったのはシャフタル・ドネツク で、2010/11年の第一レグで5-1の結果に終わった。

およそ、一年前にアーセン・ベンゲルのアーセナルとセスク・ファブレガスも、メッシを前には、エミラテス・スタジアムのドローも無意味だと思い知らされた。その試合では、4-1という歴史的な結果に終わった。 それは  ペップ・グアルディオラ がベンチでデビューした年でもあった。バイエルン・デ・ミュンヘン は、4-0の結果を受け、全てをアリアンス・アレナの第二戦に持ち越すことになった。

ほぼ4年前から無敗

ティト・ビラノバが率いる選手達にとって有利なデータは他にもある。 チャンピオンズリーグにおいて、ホームスタジアムはロジックを超えて、強いのだ。バルサは、2009年10月20日に、ルビン・カザン を前に1-2で負けて以来、今まで負け知らずだ。

チームは、既にチャンピオンズリーグでは、20 試合、負け知らずだ。また、ここ6回の準々決勝では、全て勝ち抜いてきた。最後にバルサを前に準々決勝で勝ち抜いたのは、2002/03年のユベントスだった。

 

上に戻る