fcb.portal.reset.password

カンプノウで練習した時のプジョル / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

カルラス・プジョルは、金曜日に右膝のクリーニングを行なうために膝関節検査手術を行なった。手術は、ラモン・クガット医師トリカルド・プルナクラブ担当医が監視し、及びエガツサット(社会保険会社)の支援のもと、行われた。膝の回復具合により、ピッチに復帰する時期が決定する。

今週の土曜日、正午12時頃、クガット医師とプルーナ氏が練習場の記者会見場でメディアに対応する予定だ。


上に戻る