fcb.portal.reset.password

今年の夏の親善試合でのメッシ/ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

パリでのビッグナイト。FC バルセロナは、チャンピオンズリーグ準々決勝の第一レグでパリス・サンジェルマン(20.45 時、 TV3、 La 1) と対戦し、10日に行われるカンプノウでの第二レグに少しでも有利な結果を出すべく、試合に立ち向かう。目標は、サン・シロで味わったようなサプライズを避けるためにも、パリでゴールをマークすることにある。そのPSGは、欧州の大会において、ホームスタジアムで2006年から負け知らずだ。 パルク・デ・プランス は、欧州の王者を目指している。準決勝の切符がこの試合にはかかっている。

ニュース、チャビとアルバ

パリにFC バルセロナの21人の選手が飛んだ。ジョルディ・アルバは医師からの了承をバルセロナで受け、チャビは右足の大腿二頭筋の過負荷から回復し、二人とも、今週の火曜日にはスタメン出場できる予定だ。ティト・ビラノバ次第だが、試合前に選手を3人、リストから外す必要がある。また、負傷し、累積欠場のペドロに変わって、メッシの女房役を務める攻撃陣が誰になるかが、一番のミステリーだろう。

歴史に残るPSG

PSG には、三人の元バルサの選手 (マックスウェル、イブラヒモビッチ、負傷しているモッタ) がいるが、彼らがFCバルセロナに歯止めをかける役割を担うだろう。 ディフェンス的にも強固であり、攻撃にバリエーションを持つアンチェロッティが率いるチームは、国内リーグでも、首位の座をゆうゆうと射止めており、チャンピオンズリーグでも、準々決勝まで進んだのが、既に二回目であり、着々と歴史を作り続けている。イブラヒモビッチの処分がとかれ、謹慎まで後、一歩のラベツィとティアゴ・シルバ を抱え、PSGは欧州で夢見る時間を少しでも長くしようと、いまだタイトルに飢えているバルサを相手に挑もうとしている。

準々決勝のもう一戦は、バイエルン対ユベントスの試合になる。両者とも、この大会の優勝候補だ。 再び、チャンピオンズリーグのテーマソングが鳴り響く時が来た。

上に戻る