fcb.portal.reset.password

El FC Barcelona celebra el 0-1, obra de Messi / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

パルク・デ・ロス・プランスでの結果は、ほろ苦く、高い代償を払ったドローになった。マトゥイディが決めた試合終了寸前、94分のゴールが、バルサのパリでの勝利を阻んだ。ティト・ビラノバのチームは、 メッシのゴールで試合を先制したが、そのメッシは最終的に負傷して、ピッチを去った。 ハーフタイムに右足の大腿筋を負傷した。試合の終盤、イブラヒモビッチは、オフサイドからゴールを決めて同点にし、チャビがその後、88分にPKを決めたものの、マトゥイディが94分に試合をドローにした。 バルトラのクリアボールからだった。更にマスチェラーノが完治に6週間かかるけがをしたのだから、これ以上の不運はありえない。

この結果自体は、本来は非常に良い結果のはずだが、ほろ苦い後味の悪さを残すことになったが、8日以内に、カンプノウで完全に結果を出さなければならない。

最初に警告したのは、PSG

パリス・サンジェルマンは、非常に集中して、試合をスタートした。一瞬の間に、ラベッツイが個人プレーから見事な攻撃を生み出したが、ブスケッツがようやくポストにあてて阻んだ。 バルサは、ポゼッションでは支配していたが、PSGはコンスタントに脅かしてきた。攻撃シーンには、常にイブラヒモビッチがいた。イブラは、ファウルを放つ役も請け負い、前半に正面からシュートを放ったが、バルサのMVPのバルデスがゴールを食い止めた。

ゴールとメッシの負傷

30分以上過ぎて、FCバルセロナは、ようやく自身のプレーを展開し始めた。ボールの回りは速くなり、テンションの高い展開になった。ティト・ビラノバの率いるーようやく今日、その日が訪れたーチームの、イニエスタがエリア外遠くから攻撃をスタートした。その数分後に、0-1が訪れた。メッシの作品だった。 アウベスが送った見事なアシストをメッシは無駄にしなかった。その後の動きが、メッシの大腿筋にけがを生じさせる結果となった。

イブラのドロー

メッシがピッチから去り、代わりにセスクが入った。 バルサが後半、スタートしたリズムは良かった。ポゼッションをとり、ピッチの上で支配し、PSGに殆ど自由を与えない15分間が続いた。,

最後の15分は、また、別のストーリーだった。 PSG は全員が攻撃に集中し、バルデスはイブラヒモビッチからエリア近くから何度と攻めてくるシュートから、チームを救った。 イブラヒモビッチは、オフサイドからポストに当たったクリアボールを利用し、ゴールをマークした。 バルサの選手は、全員がそれに文句を言ったが、後の祭りだった。

ゴールのシーソーゲーム

元バルサの選手がマークしたゴールが、バルサの気力をなえさせることはなく、 自らのプレーでバルサは答えてみせた。セスクとアレクシスがシリグのペナルティファウルを犯した。ピッチにメッシがいなかったため、チャビがPkを1-2に決める役を担った。 勝利は決まったように思われた。ところが、 94分にマトゥイディがバルトラに触れて―負傷したマスチェラーノに代わって入ったーそれがバルデスを驚かせる結果となった。 パリにおけるバルサにとって、余りに代償の高い最悪のファイナルとなった。

上に戻る