fcb.portal.reset.password

Iniesta i Müller, durant el partit d'anada a Munic / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

何が起きようと、カンプノウはチャンピオンズリーグ最後の試合をライブで過ごすことになる。FC バルセロナは、6回連続でこの最高の大会の準決勝に進出しているが、今回はバイエルン・ミュンヘンを相手に迎える。欧州の最高クラブ同士の戦いとなる。 モザイクにその文字が躍るように、自尊心を賭けた試合となる。この試合における指名は、8日前に4-0で苦しまされたその結果をひっくり返すべく、トライすることだ。 ウエンブレイを賭けて、チームにとって、どこまで自身を信じる力があるかを試される。

19 人招集

ティト・ビラノバは、この試合に 19人の選手を招集した。ティトは、火曜日にハビエル・マスチェラーノを失った。パリで苦しんだ右膝の内迅速靭帯が完治していないためだ。 また、累積警告のため、ジョルディ・アルバも欠場し、更にセルヒオ・ブスケッツ(恥骨に違和感を感じている) とエリック・アビダル (ひらめ筋の筋肉疲労)が負傷欠場となる。 a defensa, pues, es la que reúne más interrogantes. では、ピケの女房役は誰になるのか?左サイドバックは誰がつとめるのか?アドリアーノがプレーすることは、確実だと思われる。ソングが中盤の守備を担うことになるだろう。

強敵 バイエルン

第一レグの4-0は、 バイエルン・ミュンヘンのポテンシャルを見せつけた。数週間前にブンデスリーガのチャンピオンとなったバイエルンは、殆ど欠点のないチームだ。カンプノウでの第二戦には、重要な選手は全員揃っているが、但し、累積警告まで後1枚という選手を6人 (ダンテ、ラーム、ルイス・グスタボ、ハビ・マルティネス、スバインステイガー、マリオ・ゴメス)抱えているため、ジュップ・ヘインケスは、スタメンを買える可能性がある。どんなプレーを仕掛けてくるにしても、FCバルセロナにとっては、自身の自尊心と信じる心を賭ける試合になることは間違いない。

上に戻る