fcb.portal.reset.password

チャンピオンズリーグで FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

とうとう、この日がやってきた。今季、バルサにとって、間違いなく、シーズン一の最も重要な試合になる。この試合には、大きな目標がある。チャンピオンズリーグのあらゆるカードをここで使いきり、、第一レグのミランでの2-0の結果を命を懸けてひっくり返さなければならないのだ。あらゆるタイトルを制覇してきたこのジェネレーションに、殆ど、残された課題や記録はない。今までも想像できないような状況を乗り越えてきたチームに、唯一、不足しているものがある。それが、ヨーロッパの大会における歴史的大逆転で手にする勝利だ。

3週間前から、励ましのメッセージと楽観的な声がロッカー内から届いている。選手を信じて、明日、カンプノウをいっぱいにするであろうサポーターを信じる。そこにあるのは、一つのスローガンだ。「僕らは一つのチームだ」。

チャビの様子見

バルサのミッションははっきりしている。攻撃し、うまく守ること。信じる気持ちとハートと頭で戦うことだ。少なくとも2ゴールを得点する必要があり、逆にミランに攻撃させないのが大事だ。ティト・ビラノバとジョルディ・ロウラが率いるチームは、チャビ・エルナンデスのフィジカル状態を注意してみている。 ミッドフィルダーは、数日前にグループ練習に戻り、ピッチに立つ可能性がある。確実に欠場がわかっているのは、マルク・バルトラだ、バルサは四人、累積警告寸前の選手を抱えている。アドリアーノ、ソング、マスチェラーノとペドロだ。

ミランのディフェンス

第一レグでミランはラインを大きく下げて、組織だった守備を行ない、カウンターアタックで襲った。サン・シロで起用した方式だ。ミランは2013年になってから、無敗で来ており、非常にポジティブなダイナミズムでカンプノウにやってくる。また、シーズンを通して、ヨーロッパの大会から追い出されるような失点を犯したことはない。今夜は、バロテッリ(未登録)もパッツイーニ(負傷)も数に数えることができず、センターバックのメクセスの出場は微妙だ、

上に戻る