fcb.portal.reset.password

Alba i Messi celebren un dels gols fets a l'Athletic Club a la primera volta (5-1) / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

今日がその偉大な日になるかもしれない。  FC バルセロナは、今日の土曜日、初めて計算上で、2012/13年のリーグ王者と化す可能性を秘めている。 なるかならないかは、しかし、バルサ次第ではない。最後のサン・マメスで、バルサが勝利をあげる (18時, GolT, Canal + Liga局)だけでは十分ではなく、それにマドリードのアトレティコのスタジアムで敗れた場合 (20 時)、ティト・ビラノバの選手達はタイトルを確実に手に入れることになる。その場合は、22回目のリーグ優勝となる。

ブスケッツ抜きで

ティト・ビラノバは、ビルバオに総勢20人の選手を連れていった。 メンバーの中には、アドリアーノ(バイエルン戦は欠場)が入ったが、ブスケッツは含まれなかった(恥骨に違和感を抱えているため、大事をとった)。この後、バイエルンとの第二レグを目前に控え、バルサの監督はミュンヘン戦(4-0)の際のスタメンとベンチメンバーを混合する方向で賭けるだろうと予想される。

サン・マメスとのお別れ

FCバルセロナにとっては、 100回目となるサン・マメスの試合が、同時に最後の試合となる。来季、アスレティック・クラブは、ホームを新サン・マメスに変えるからだ。 ビエルサは、ラポルテ、イニゴ・ロペスを負傷で、イトズラスペを罰則処分(最後の試合で退場処分を受けた)で失った状態で、バルサ戦を迎え撃つ。 降格ゾーンからは勝ち点8点差をつけて上におり、シーズンの終盤に近付いた今、最後のサプライズを避けるためにも、勝ち点を稼がなければならない状況にある。

上に戻る