fcb.portal.reset.password

Un instant del Barça-Getafe. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

数日前からバルサが考えていることは、ひたすら、ミラン、ミラン、ミランと一緒になっている。来週の火曜日にチャンピオンズリーグでの逆転劇を夢見ているからだ。 だが、その前にバルサはリーグ戦でデポルティーボ・デ・ラ・コルーニャとカンプノウで対戦しなければならない。 それが少なくとも、更にリーグ優勝でのメリットを大きくする可能性がある(現時点で、アトレティコとは11点、マドリードとは13点の勝ち点差で上回っている)。そして何より、あの勝利の感覚を取り戻すのに役立つことだろう。FCバルセロナは最近の4試合のうち、3試合を落としており、それはここ最近では、かなり珍しい状況だ。

GKの交代

ビクトル・バルデスが前節にベルナベウスタジアムで退場を受けたため、その謹慎処分として4試合欠場処分が下った。よって、リーグ戦でホセ・マヌエル・ピントが戦う時がやってきた。第二GKには、バルサBのジョルディ・マシップが務めることになる。それ以外にも、ジョルディ・ロウラの率いるイレブンの顔ぶれに入れ替えがある可能性はある。バルデス以外では、マルク・バルトラが木曜日に負傷し、また、チャビもまだ、復帰していない。金曜日にグループ練習に加わったものの、最終調整をはかっているところだ。

首位対最下位

バルサはホームゲームに関していえば、素晴らしい成績を残しており、今季、カンプノウでは11勝1分だ。一方、デポルティーボは、いまだにアウェー戦で勝利をあげたことがない。リアソールから離れたアウェー戦の成績は5分け8敗だ。

バスケスと 有益な効果

デポルティーボ・デ・ラ・コルーニャは、緊急手当てが必要な厳しい状況で、カンプノウにやってくる。降格から抜け出すためには勝ち点8が必要であり、バルサ戦の後は、死活を賭けたセルタ、マジョルカ、サラゴサ戦が続く。現在、フェルナンド・バスケスが指揮をとり、舵の向きを変えようとしている。デポルティーボは、カンプノウでサプライズを与える可能性を残しているが、通常スタメンのリキ、ツェ・カストロ、カカ、そして謹慎処分による欠場のマルチェナと4人の選手が不在であり、その状態で、バルサに挑み、勝利を狙うこととなる。

上に戻る