fcb.portal.reset.password

Tito Vilanova, en roda de premsa / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ティト・ビラノバは、バルサでの現況を記者会見を通して振り返った。また、ネイマールのFCバルセロナ移籍に期待を隠さなかった。「彼は多くのポジションでプレーできる選手だ。左サイドだけではなく、セカンドストライカーとしてもぷエr-できる。彼の適応はうまくいくだろうと思っている。彼のレベルは高いし、ディフェンシブな仕事もできる。戦略面ではやくスペインサッカー、欧州サッカーに適応できるよう、助けていく」「ヨーロッパ中のビッグクラブが彼を欲しがっていたが、私達はここでハイレベルを出せると信じている。彼にはゴールがある。それは私達が必要としているものだ」と話した。

将来に疑問はない

今後の継続について質問されたティト・ビラノバは、来季もトップチームを率いると強調した。「もっと大きな声で言うことはできるが、これ以上、はっきりとは言えない。はっきりさせる必要があることは何もない。来年も私はバルサを率いる」とティトは明言した。

その意味で、ビラノバが治療のためにニューヨークに行っている最中に、もしも、クラブが他の監督を探していたら、それは理解するだろうと答えた。だが、そういう状態ではない。「私がなった病気は、その後、チェックをしなければならないのは普通だし、人によってはそれをバルセロナで行なうことができない。それはクラブも知っていることだ

アビダルの件はクラブが 考えた末の決断だ。 他のビッグクラブに行って、再び、最高レベルでできると証明できるといいと思っている。

エリック・アビダルの将来については、木曜日に記者会見で説明があったとおり、「クラブと共に考えた末の決断」であり、「個人的に悪いと思うし、彼のような左利きのセンターバックは簡単に見つからないともわかっている。彼のケースは特別だった。是非、別のビッグクラブにいって最高レベルで再び、プレーできることを証明できるよう、願っている」と話した。

また、ビラノバはアビダルがグループ練習に戻り、最後の試合になるマラガ戦で、プレー時間を与える予定だと話した。

ディフェンスの補強

アビダルがいなくなるため、ビラノバはディフェンスの補強が必要だと話し、「このポジションを補強する必要がある。いつも言ってきたことだが。プジョルも早く回復し、私達を今年は助けてくれることを願っている」と話し、「プジョルのプロフェッショナル性を疑う人がいるのは、変な感じだ。彼は常に手本なのに」と話した。バルデスが後1年残るとしたら、私の側には全く問題ない。彼の態度は常に選手の見本になってきた。

最後にビラノバはバルデス、ビジャ、ティアゴについても触れ、「もし、後2年、残ったとしても私は全く門アぢない。彼の姿勢は常に手本となっていた」と説明し、ビジャとは「まだ、私達は彼と話していない。彼の私の評価は高い」とコメント、ティアゴについては「彼は非常に価値のある選手だということしか言えない。彼はバルサの未来を担っている。私達は彼に残って欲しいが、彼次第の部分もある」と付け加えた。

上に戻る