fcb.portal.reset.password

Tito Vilanova, durant la roda de premsa. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ティト・ビラノバは、土曜日にジョアン・ガンペル練習場で記者会見に現れた。バルサのトップチームの監督は、 来週、数日間、ニューヨークに行くことを報告した。 その後、オブセッションに陥らない程度に、大きな目標の一つとして、勝ち点100点を目指すことをあげた。「私達は勝ち点91を手にしている。それだけですごい勝ち点だが、100まで達することができるチャンスがあることもわかっている。残り、3試合、勝利をあげることができる試合が残っている。できるだけゴールを決めることができれば、その方が更にいい。なんとなく、消化試合に終わること、それだけが私が避けたいことだ。私達は応援してくれた人たちにお返しする義務があるし、一年を良い形で締めくくるべきだ」とビラノバは話した。

いいシーズンだ」
リーグ優勝を制覇したなら、それは良いシーズンであるべきだ。最初からリーグ優勝を目指さなければならないと私達ははっきりわかっていた。もっといいシーズンにできるのでは?もちろん、私達は自らにもっと高く要求していかなければならない。だが、全てに達することはできない。毎シーズン、前年を超えることはできない」とバルサの監督は説明っした。また、このリーグ優勝は選手全員が特別な感慨を得たはずだと話し、「全員がこのリーグに参戦した。全ての選手が多くプレーしたから、このリーグ優勝は自分が手にしたものだと感じられるはずだ。一部の選手はU-21に招集されたため、もっとプレーすることもできたが、代表と共に行くだろう」と話した。

最強メンバーで
5月29日、バルサはレリダのカンプ・ダ・エスポルツで行われるカタルーニャ杯に参戦する。ティト・ビラノバは、できる限りの最強メンバーで臨むことを明かした。「カタルーニャ杯で出来る限りのメンバーを揃えて参戦したいと思っている。周囲の状況により、それが叶わなかった試合もあったが、できる限りのメンバーで臨みたい」 とビラノバはコメントした。

最後にティト・ビラノバは、彼にとってジローナが1部に昇格できれば、それは喜ばしいことだと話した。「シーズンの最初から、ジローナを追っていたし、1部に昇格してほしいと思っている。彼らにとっても、ジローナにとっても、バルサにとっても、もし、選手をレンタルできるならいいことだ。昇格に必要な得点を決められることを願っている。カタルーニャには、カタルーニャを代表するチームがもっと必要だ」と付け加えた。

上に戻る