fcb.portal.reset.password

Roura, durant la roda de premsa. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ジョルディ・ロウラは、記者会見で、まだリーグ優勝は決まったわけではないと繰り返し、リーグ制覇が第一の目的だと主張しながらも、レバンテは簡単に制することができる相手ではないと注意を促した。「私達はできるだけ、早くリーグを制覇するように努力しているが、それぞれの試合に異なった歴史がある。レバンテは、最近の成績はよくないが、それが逆に強みになることもある。失うものがないのだから、それは非常に危険だ」と話した。

また、 「たった2,3か月前に既に私達のリーグ優勝は決まりだと言われていたが、チームはそんな中でも、試合に勝つための集中力を切らすことなくやってきた。リーグ優勝を制覇するために、ようやく後、勝ち点9というところまでやってきた。誰もがリーグが最も重要性があることをわかっている」と話し、その理由は、「リーグ制覇への野心が周囲の予想を大幅に超えさせる結果になった。例えば、負傷を跳ね返すとか」と強調した。

メッシ、いいリズムで

メッシは大丈夫だ。グループ練習をスタートしたし、このリハビリ期間を前向きに受け止めた。いい状態でピッチに戻れるよう、あらゆることを行なっている」 とメッシの様子については、説明した、x

また、カルラス・プジョルやハビエル・マスチェラーノについては、チャンピオンズリーグの準決勝にはいられるだろうという見方を示したが、第一レグは、欠場の見込みだ。プジョルはミュンヘンの試合にはいないだろうが、第二レグに関しては、その回復次第と担当医の判断による」と説明し、マスチェラーノについては マスチェラーノの回復は、非常にいいが、第二レグにプレーできるかどうかはまだわからない」 と慎重を期した。

上に戻る